2021年 10月 23日 (土)

加護亜依が「一番嫌いだった」アイドル活動 「大切な中学2・3年生の時期に...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   モーニング娘。の元メンバーでタレントの加護亜依さんが、過去に所属したユニット「三人祭」への正直な気持ちを明かし、反響を集めている。

   「三人祭」は、2001年夏に当時ハロー!プロジェクトに所属していたアイドルをシャッフルして組み合わせた「祭ユニット」のひとつ。「三人祭」は加護さんのほか、石川梨華さん、松浦亜弥さんが所属し、シングル『チュ! 夏パ?ティ』をリリースしていた。

  • 加護亜依さん(本人のYouTube動画より)
    加護亜依さん(本人のYouTube動画より)
  • 「チュッ!夏パ~ティ」のジャケット(ZETIMA)
    「チュッ!夏パ~ティ」のジャケット(ZETIMA)
  • 加護亜依さん(本人のYouTube動画より)
  • 「チュッ!夏パ~ティ」のジャケット(ZETIMA)

「私は三人祭が一番嫌いでした」

   加護さんは2021年9月21日、ファンから寄せられた質問に対し答えていくという企画に挑戦するYouTube動画をアップ。その中で、「好きなシャッフルユニットは?」という質問に言及する場面があった。

   質問者は「私は三人祭が大好きだった」そうだが、加護さんは、

「私は三人祭が一番嫌いでした。本当に嫌だったです」

と苦々しい顔で告白。理由について、

「よく考えて、大切な中学2・3年生の時期に、ピンクのカツラでパンツを出すってことがどれほど恥ずかしかったことか、っていう」

と訴え。今になって振り返ると、「よく頑張ったな」という気持ちになると明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中