2021年 10月 23日 (土)

大谷翔平、敬遠数はリーグトップ15 強打者の宿命?歴代選手と比べると...

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   エンゼルス・大谷翔平が勝負を避けられている。

   2021年9月22日(現地時間)のアストロズ戦では相手投手陣から警戒され、自身最多となる4四球を記録。うち2つが申告敬遠だった。

   これで大谷選手の受けた敬遠数はリーグトップの15に。敬遠の多さは「強打者の証」とも言えるが、過去の名選手と比べるとどうなのか。

  • 「敬遠攻め」のエンゼルス・大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    「敬遠攻め」のエンゼルス・大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 「敬遠攻め」のエンゼルス・大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

同僚トラウトは18年に25敬遠

   大谷はこの日、3番DHで出場。初回、4回に四球を選ぶと、7回2死二塁の場面では申告敬遠を受けた。また延長10回無死2塁の場面でも、2ボールとなったところで申告敬遠。大谷は2打数無安打4四球に終わり、エンゼルスは5-9で敗れた。

   ホームラン争いでア・リーグトップ(46本)に立つゲレロ(ブルージェイズ)、ペレス(ロイヤルズ)を、一本差で追っている大谷選手。二度の申告敬遠に、球場のファンは大ブーイングを浴びせた。

   これで大谷選手のシーズン敬遠数はリーグトップの15に。後続のバッターにも左右されるが、敬遠は一般的に強打者ほど多くなる傾向にある。日本では王貞治さんが通算最多となる427敬遠を記録。2位以下には張本勲さん(228)、長嶋茂雄さん(205)といった名選手が続く。通算7位の谷繁元信さん(158)、10位の中村武志さん(112)はいずれも捕手。DH制のないセリーグで8番を打つ機会が多かった2人は、次の9番が投手ということもあり、多くの敬遠を受けた。

   投打二刀流の活躍で「野球の神様」ベーブ・ルースと比肩される存在になっている大谷選手。このシーズン敬遠15という数字は、メジャーでは多いのだろうか。

   現在、ナ・リーグトップの敬遠数を記録しているのが、ナショナルズのフアン・ソトだ。7月のオールスター・ホームランダービーで大谷を破ったことで知られる22歳の強打者は、ここまで21の敬遠を受けている。

   大谷選手の同僚も、過去に幾度とない「敬遠攻め」に遭ってきた。19年に米スポーツ史上最高額となる12年総額4億2650万ドル(約471億円)の契約を結んだマイク・トラウトは、17年に15敬遠、18年に25敬遠、19年に14敬遠を受け、3年連続でリーグトップを記録した。

   また、今シーズン途中まで大谷選手とチームメイトだった通算679本塁打の強打者・アルバート・プホルス(ドジャース)は、カージナルス時代の09年に44敬遠(歴代5位)を受けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中