2021年 10月 20日 (水)

大谷翔平「四球攻め」は打順も影響? 「後ろの打者が...」「そりゃ避けられる」ファン嘆き

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   大リーグ、ア・リーグのホームラントップを1本差で追うエンゼルスの大谷翔平選手。2021年9月21日(現地時間)のアストロズ戦で45号を放って以降、4試合で13四球と四球攻めに遭い、ホームランを打てていない。

   ネット上では大谷選手と勝負を避ける相手チームへの不満が噴出した一方で、四球攻めの原因がエンゼルス側にもあるという指摘が聞かれている。

  • 大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

「また敬遠か」「いい加減大谷と勝負しろよ」

「また敬遠か」
「大谷に打たせて〜」
「いい加減大谷と勝負しろよ」

   9月22日〜25日にかけて、4試合で13四球を受けた大谷選手。リーグトップに並ぶ46号ホームランを待ち望んでいたツイッター上の野球ファンからは、不満の声が噴出した。

   22日のアストロズ戦では2つの申告敬遠を含む4四球。23日のアストロズ戦では3四球、そして24日のマリナーズ戦では、2度の申告敬遠含む4打席連続四球を受けた。この時点で受けた3試合11四球はメジャータイ記録だった。チームが大勝した25日のマリナーズ戦ではタイムリー三塁打を2本放ったものの、2四球。4試合で13四球を受け、この間、ホームランは1本も出なかった。

   試合が行われた本拠地エンゼル・スタジアムでは、大谷が四球を受けるとブーイングが発生。連日の四球攻めで、こうした光景も恒例になりつつある。

   対戦相手のアストロズは地区優勝を間近に控え、マリナーズは20年ぶりのプレーオフ進出をかけて戦っている。一方で、エンゼルスはプレーオフ進出がすでに消滅。ファンは大谷選手のタイトル争いに目を向ける中、相手ベンチの「四球攻め」に苛立ちを隠せなかったようだ。

   ただ、ネット上では大谷選手を四球攻めにさせている要因が、エンゼルス側にあるという指摘も聞かれている。ジョー・マドン監督の組む打順だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中