2021年 10月 23日 (土)

「青天を衝け」徳川慶喜と渋沢栄一の「別れ」に視聴者感涙 「エモい脚本」の声あがったわけ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」第28話が、2021年9月26日に放送された。これまで仕えてきた俳優の草彅剛さん演じる江戸幕府15代将軍・徳川慶喜との別れが描かれ、切ない展開に視聴者の多くが感涙にむせぶこととなったようだ。

  • 草彅剛さん(左)と吉沢亮さん
    草彅剛さん(左)と吉沢亮さん
  • 草彅剛さん(左)と吉沢亮さん

憎むべき新政府からスカウトを受ける栄一

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一(吉沢さん)で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   第28話で、新政府から大蔵省の出仕を求められた栄一。新政府といえば、いわば徳川を倒した憎き敵であることから、栄一は出仕の申し出を断るため、東京にいる大隈重信(大倉孝二さん)のもとを訪れる。しかし大隈から、これから自分たちの手で新しい世を作っていかなければならないこと、そのためには栄一の力が必要だと力説される。その言葉は、世の中の仕組みを変えたいと幼いころから願ってきた栄一の心を揺らがせてしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中