2021年 10月 20日 (水)

浅村栄斗「死球ブチ切れ」に驚きの声 マウンド詰め寄り乱闘寸前...「キレるの初めて見た」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球・楽天は2021年9月29日、本拠地・楽天生命パークで日ハムと対戦し、8回に死球を受けた浅村栄斗内野手(30)が激高し乱闘寸前となった。

  • 浅村栄斗選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    浅村栄斗選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 浅村栄斗選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

ロドリゲス「参戦」で乱闘寸前に

   楽天5点リードで迎えた8回、2死走者なしの場面で浅村が打席に立った。

   その初球だった。日ハム4番手・鈴木健矢投手(23)が投じた142キロの直球が浅村の左太もも付近を直撃した。

   浅村はマウンド上の鈴木を睨みつけ歩み寄ったが球審に制されて1塁へ向かった。ところが1塁に到達して代走が送られベンチに下がる際、再び怒りが込み上げてきたのか、そのままマウンドへ歩み寄った。

   浅村は鈴木を睨みつけながらベンチへ向かったが、日ハムベンチにいたロニー・ロドリゲス内野手(29)が浅村に向かっていく姿勢を見せたため、両軍ベンチから監督、コーチ、選手らが飛び出し乱闘寸前の騒ぎとなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中