2021年 10月 23日 (土)

パッキャオが貫いた「負けの美学」 6階級制覇より凄い?専門家が語った「本当の功績」とは

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ボクシングの元世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(42)=フィリピン=が現役引退を表明した。

   95年のプロデビュー以来、数々の名勝負を繰り広げてきたフィリピンのレジェンドは2021年9月29日にツイッターを更新し「世界最高のファンと最高のスポーツに感謝します!素晴らしい思い出をありがとうございました」とメッセージを送り、「さようならボクシング」とのコメントで締めくくった。

  • マニー・パッキャオ選手(写真:AFP/アフロ)
    マニー・パッキャオ選手(写真:AFP/アフロ)
  • マニー・パッキャオ選手(写真:AFP/アフロ)

プロデビュー戦は48.9キロ

   パッキャオはフィリピンのミンダナオ島で6人兄弟の4男として産声を上げた。家庭は経済的に厳しい状態にあり、幼いころから家計を助けるために路上でパンや野菜、花などを売っていた。

   12歳でボクシングを始めた動機は金を稼ぐことだった。草試合に出場すれば勝っても負けても「ファイトマネー」が約束された。勝者には約2ドル、敗者にはその半額が支払われたという。

   中等学校を中退したパッキャオは14歳の時に首都マニラに出稼ぎに行き、建設業に携わりながら本格的にボクシングを始めた。その後、着実に力を付けていきアマチュアのフィリピンナショナルチームに入るまで成長した。

   アマチュアで経験を積み95年1月にプロデビューを果たした。16歳になったばかりだった。階級はライトフライ級(48.9キロ)だった。この少年が15年後に20キロ以上も上のスーパーウエルター級(69.8キロ)を制することを誰が想像できただろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中