2021年 12月 1日 (水)

菅野智之の不調は「衰え」なのか 巨人V逸なら「最大の誤算」との指摘も

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球・巨人の自力優勝が消滅した。勝負どころの2021年9月で6勝14敗5分と大きく負け越し、完全に失速。リーグ3連覇に黄信号が灯っている。

   巨人にとって「最大の誤算」との指摘も出るのが、エース・菅野智之の不調だ。

  • 菅野智之(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    菅野智之(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 菅野智之(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「全盛期に比べて球威が落ちている」

   「リーグトップの11勝と勝ち頭だった左腕・高橋優貴が8月は1勝、9月も1勝と疲れが見えている。ただ、1年間シーズンで投げ切った経験がないのでこれは致し方ありません。むしろできすぎと言えるぐらい頑張っている。

   最大の誤算はエースの菅野智之でしょう。絶不調の時期は脱したが、大事な登板を落としている。以前のように不調でも『顔』で抑える絶対的な存在感がない。勤続疲労もあると思いますが、全盛期に比べて球威が落ちている。31歳と若くないし、衰えは確実にきていると思います」(スポーツ紙デスク)

   昨季は開幕13連勝を含む14勝2敗、防御率1.97。3度目の最多勝、初の最高勝率(.875)、2度目のリーグMVPを受賞。今年も当然のごとく絶対的エースとして期待されたが、春先から調子が上がらない。

   故障やコンディション不良に苦しみ、4度の登録抹消を経験。内定していた東京五輪も出場辞退し、期する思いで臨んだ後半戦に入っても好不調の波が激しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中