2021年 10月 28日 (木)

サッカー日本代表、試合前日に「アウェーの洗礼」 観客100%に変更→サウジ「選手にさらなる力を与える」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   サッカーの日本代表は2021年10月7日(日本時間8日)にサウジアラビア・ジッダで行われるワールドカップ(W杯)アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦する。敵地での一戦はタフな戦いが予想されるなか、スタジアムの収容人数が急きょ6万人にまで引き上げられるなど「完全アウェー」状態の戦いを強いられる。

  • 前日練習でリラックスした表情を見せる日本代表選手たち(写真:AFP/アフロ)
    前日練習でリラックスした表情を見せる日本代表選手たち(写真:AFP/アフロ)
  • 前日練習でリラックスした表情を見せる日本代表選手たち(写真:AFP/アフロ)

スタジアム収容上限60%→100%

   高温多湿の厳しい気象条件に加え、スタジアムの大観衆が日本代表の前に大きく立ちはだかる。

   新型コロナウイルスの影響で当初サウジアラビア戦はスタジアムの収容人数の上限60%で開催される予定だった。

   ところが6日までに上限が100%に引き上げられることが決定。スタジアムのキング・アブドゥーラ・スポーツ・シティーは6万人の収容が可能とされ、当初、約3万5000人を想定していたが、これにより6万人近くの現地サポーターがスタジアムに駆け付けるとみられる。

   現地メディア「ARAB NEWS」は、スタジアムに多くのファンが入場することでサウジアラビア代表を後押しすると伝え、「Al-Yaum」はサウジアラビア代表のエルヴェ・ルナール監督(53)が日本と向き合うことを恐れていないと強調した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中