2021年 11月 29日 (月)

3日間2万2000円で乗り放題も! JR西・九州・中国で「破格フリー切符」続々...需要回復なるか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

九州・四国では土日利用がお得

   JR九州ではフリー切符「みんなの九州きっぷ」を10月6日に発売した。有効期間は10月9日から12月26日までの連続する土日限定で、全九州版が大人1万5000円(子ども2000円)、北部九州版が大人8000円(子ども1000円)。フリーエリアは全九州版がJR九州全線、北部九州版が豊肥本線以北の福岡・熊本・大分・佐賀・長崎のエリアのJR九州全線となっている。いずれも新幹線・特急も乗車可能だ(普通車指定席利用は6回まで)。こちらは20年7月から9月までの期間限定で販売されていたが、好評につき21年3月まで期間が延長されていた。

   JR四国では10月1日から12月31日まで四国デスティネーションキャンペーンが行われているのに合わせ、9月22日から「四国DC満喫きっぷ」を販売中だ。JR四国と土佐くろしお鉄道全線を、特急の普通車自由席も含めて土・日・祝日を含む連続3日間乗り放題となる。紙の切符では大人1万円だが、アプリ「しこくるり」「setowa」で購入すると9000円とチケットレス化にも一役買っていて、同じ条件の「四国フリーきっぷ」(1万6440円)よりも大幅にお得になっている。

   2021年はお盆の最繁忙期でも指定席利用がコロナ以前の19年比で24%に落ち込んだJR各社にとって、収益の回復は喫緊の課題である。緊急事態宣言期間中運休していた各社の観光列車も運転を再開し、ビジネス需要を持つJR東日本・JR東海では新幹線テレワークを推進しているが、関西北陸以西のエリアではフリー切符の充実ぶりが顕著だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中