2021年 10月 28日 (木)

「赤い糸」で白い足袋を縫う... 「青天を衝け」渋沢栄一の前に現れた女中の「匂わせ女」ぶりに騒然

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」第30話が2021年10月10日に放送され、登場した女中が「匂わせ女」だったとして話題になっている。

  • 吉沢亮さん
    吉沢亮さん
  • 女中・大内くに役の仁村紗和さん。「青天を衝け」ツイッター(@nhk_seiten)より
    女中・大内くに役の仁村紗和さん。「青天を衝け」ツイッター(@nhk_seiten)より
  • 吉沢亮さん
  • 女中・大内くに役の仁村紗和さん。「青天を衝け」ツイッター(@nhk_seiten)より

愛する家族がいながら、宴で出会った女中と...

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一(吉沢さん)で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   第30話で栄一は、新政府の元で、廃藩置県やなどの制度改革に精を出す。新しく流通させる硬貨の品質を確認するため大阪の造幣局を訪れた日、大阪を拠点とする三井組の番頭・三野村(イッセー尾形さん)によって宴会が開かれ、栄一も参加することになった。

   するとそこで、女中として働く大内くに(仁村紗和さん)と廊下で誤ってぶつかってしまい、互いに謝る。その後、じろじろと必要以上に顔を見てくるくにに対し、栄一が「俺の顏に何かついているか」と尋ねると、くには「堪忍どす。あんたさんが、うちの大事な人によう似とったもんで、つい...」とし、戊辰戦争に出たきり帰ってこない夫とそっくりであること、自宅が焼失してしまったことを告白。「そうか...」と言葉につまる栄一だが、くには栄一の破けた白い靴下を見て「よかったらその足袋の穴、繕いましょか?」「うち前はお針子やったんえ」と申し出る。

   その夜、修繕した靴下を持って栄一の部屋までやってきたくに。栄一は「あぁ、ちっと」と呼び留め、そのまま部屋に引き入れるのだった。

赤い糸は「奥様へのマウント?」

   後日、ある雨の日。家に帰った栄一が濡れた服を脱ぎ、妻の千代(橋本愛さん)に渡すと、千代は靴下が「赤い糸」で繕ってあることを発見。千代は栄一の女の影に勘付いたようで、動揺した表情を浮かべるのだった。

   ドラマではこれまで千代一筋な栄一が描かれてきた分、突然の色恋沙汰に戸惑いを隠せない視聴者が続出している。また、くにが白い靴下に赤い糸を使用したことに対し、

「あの足袋を赤い糸で縫ったのは、奥様へのマウントなんですかね? 女怖っ! 今で言う『匂わせ』?」
「繕い物するのに赤い糸使うの、そこはかとない悪意を感じるぞ」
「お前まんまと!! まんまと策にハマりやがって!!!(乱心)  んで何で赤い糸なんじゃワレェェェ!!!!!! (激怒)」
「洗濯をするだろう正妻だけ分かるように赤い糸を選ぶ匂わせ女」
「垢抜けなくて純朴そうなのになかなかのやり手でしたな」

などと反響を呼んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中