2021年 10月 17日 (日)

韓国メディアは今の日本代表をどう見たのか 豪州戦「幸運なオウンゴール」と辛辣批評

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   サッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選が2021年10月12日、埼玉スタジアムで行われ、日本がグループ首位のオーストラリアを2-1で破った。

   ここまで最終予選1勝2敗と苦境に立たされ、森保一監督(53)の進退問題まで浮上するなかでの勝ち点「3」。この日本の勝利を長年にわたり日本とライバル関係にある韓国メディアは速報で伝えた。

  • オウンゴールを誘発した浅野拓磨選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    オウンゴールを誘発した浅野拓磨選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • オウンゴールを誘発した浅野拓磨選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

VAR検証の末PKからフリーキックに

   韓国メディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)は、「物議をかもすPK、オーストラリアの残酷な敗北」との見出しで記事を展開した。

   記事は日本が1点リードの後半20分過ぎにDF守田英正(26)がペナルティエリア手前でファールの判定を受けたことに焦点を当て、守田のプレーを詳細に伝えた。

   守田はスライディングタックルで相手を倒し、このプレーによりPKの笛が吹かれた。しかしVARでの確認の結果ペナルティエリアの外でタックルが行われたと判定され、最終的にPKがフリーキックに変わった。

   同メディアはさらにオーストラリアメディア「FOX SPORS Australia」(WEB版)が報じた日本戦の特集記事を引用し「物議をかもしたフリーキックの後に(オーストラリアの)同点ゴールが出た」などと伝えた。

   また、スポーツソウル(WEB版)は「死から生き返った日本、オーストラリアのオウンゴールで九死一生勝利」との見出しで日本の勝利を報じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中