2021年 12月 4日 (土)

井上尚弥、次戦の相手は「世界6位」 4団体統一は先延ばし...ファン複雑「圧勝でしょう」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プロボクシングの国際ボクシング連盟(IBF)が2021年10月21日(日本時間22日)、WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(28)=大橋=の次期防衛戦の日程を発表した。

   IBFの公式サイトで公表されたもので、井上の防衛戦は12月14日に東京で行われる。対戦相手はIBF同級6位のアラン・ディパエン(30)=タイ=で、IBF王座4度目の防衛戦となる。

  • 井上尚弥(編集部撮影)
    井上尚弥(編集部撮影)
  • 井上尚弥(編集部撮影)

ドネア、カシメロ共に次戦は指名試合

   挑戦者のディパエンは19年2月にプロデビューし、12勝(11KO)2敗を誇るハードパンチャーだ。19年9月に空位のIBFパンパシフィック・スーパーフライ級シルバー王座を争い敗戦。今年3月にはIBFパンパシフィック・バンタム級王座を獲得した。

   WBAとIBFのベルトを保持する井上は当初、世界主要4団体制覇を目指していた。

   ところが標的となるWBC王者ノニト・ドネア(38)=フィリピン=、WBO王者ジョンリル・カシメロ(32)=フィリピン=ともに各団体から指名試合の指令が下り、年内の対戦が見送られる方向にあった。

   ドネアはWBC同級暫定王者レイマート・ガバリョ(25)=フィリピン=との対戦が義務付けられ、カシメロはWBO同級1位ポール・バトラー(32)=英国=との指名試合が決定し、12月にUAEドバイもしくは英国リバプールで防衛戦を予定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中