2021年 12月 1日 (水)

巨人亀井を号泣させた「感動のヤジ」 スタンドからの言葉に「久しぶりに涙腺崩壊した」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今季限りで現役引退を表明した巨人・亀井善行外野手(39)の引退セレモニーでの心温まる「ヤジ」が話題を呼んでいる。

   巨人は2021年10月23日、東京ドームでヤクルトと今季ホーム最終戦を行い11-1で勝利。試合後に亀井の引退セレモニーが行われ、亀井はファンに別れを告げチームの後輩たちにエールを送った。

  • 09年WBCに出場した亀井善行選手(写真:アフロ)
    09年WBCに出場した亀井善行選手(写真:アフロ)
  • 09年WBCに出場した亀井善行選手(写真:アフロ)

ファン「俺は亀井ちゃんからいっぱい勇気もらったよ」

   巨人の生え抜きとして17年目のシーズンとなった今季は、92試合に出場し打率215、3本塁打、17打点に終わった。

   引退セレモニー冒頭で球団関係者、監督・コーチ、ファンに感謝の念を表した亀井は「ジャイアンツファンのみなさま、今シーズンはいいプレーが見せられず本当に申し訳ありません。心が折れそうになったことも何度も何度もありました。その心をつなぎ留めてくれたのがファンのみなさまの温かい拍手でした」とシーズンを振り返った。

   さらに「両親、妻、子どもたち、不安ばかりかけて、本当に申し訳なかったです。もうプレーする姿は見せられませんが、ここまで一緒に戦ってくれて本当にありがとう。これからもよろしく」とコメントし、スピーチを締めくくろうとした時だった。

   亀井が「最後になりますが」と発したところで言葉に詰まると、スタンドのファンから「俺は亀井ちゃんからいっぱい勇気もらったよ」と温かい言葉が投げかけられ、たくさんの拍手が背番号「9」に注がれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中