2021年 12月 3日 (金)

両足義足の僕が2万2000歩、5時間歩く 足はガクガク震え...それでも完走できた理由

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   20歳の時に事故で右手と両足を失った山田千紘さん(29)は2021年10月24日、「新たな試み」として、両足義足で東京都内を練り歩くイベントを開催した。もともとは自著「線路は続くよどこまでも」(廣済堂出版)を自らの手で売ろうと企画したものだったが、思いもよらない「出会い」と「達成感」があったという。義足で2万2000歩、5時間かけて歩いた先に待っていたものとは。山田さんが語った。

   【連載】山田千紘の「プラスを数える」~手足3本失った僕が気づいたこと~ (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

  • 山田千紘さん(左)とイベントを手伝った後輩スタッフ(右)
    山田千紘さん(左)とイベントを手伝った後輩スタッフ(右)
  • 山田千紘さんとイベント参加者らとの集合写真
    山田千紘さんとイベント参加者らとの集合写真
  • 山田千紘さん(左)とイベントを手伝った後輩スタッフ(右)
  • 山田千紘さんとイベント参加者らとの集合写真

スタート地点に集まっていた人々

   本の重版記念で、イベントを2021年10月24日にやりました。手押し車のワゴンに本を100冊乗せて、両足義足で売り歩くというものです。「ちーワゴン」と名付けて告知していました。10時に神保町の書店スタート。当日、10分前くらいに到着したら驚きました。

   「一緒に歩きます」と10人くらい集まってくれていたんです。YouTubeチャンネルやSNSで僕の姿を見て、応援してくれている方々でした。その後さらに増えて15~16人くらいになりました。当初は僕と、僕が仲良くしていてYouTubeに登場してもらったこともある後輩1人と、企画をサポートしてくれた出版社の方2人の4人で歩くつもりだったのが、20人くらいになったんです。

   老若男女いろんな方が来てくれて、子どももいました。小学2年生の双子はずっと僕の隣にくっついてくれていました。幼稚園から小学生までの3兄弟とは、立ち寄った公園で一緒に遊びました。

   熊本県から来られた方もいました。ご夫婦で、もともと奥さんが僕のYouTubeチャンネルを見てくれていて、旦那さんに勧めたら2人で好きになってくれたそうです。旦那さんが単身赴任で東京にいて、イベントを知って奥さんが熊本から飛行機で来てくれました。驚きましたよ。熱いですよね。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中