2021年 12月 4日 (土)

甘利明氏に「戦犯」「ご愁傷様でした」 太田光のぶっこみに賛否「面白い」「失礼にも程がある」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんが2021年10月31日、衆議院総選挙の開票特番「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」(TBS系)で、自民党の甘利明幹事長に舌鋒鋭く迫り、インターネット上で賛否を集めた。

   太田さんは、小選挙区での劣勢が伝えられた甘利氏に対し、「(もし負けたら)戦犯ですよね」「総裁がOKって言ったら自分からは身を引かないってことですか?」「ご愁傷様でした」などと発言。ツイッターで「最高!」「失礼にも程がある」と賛否の声があがった。

  • 甘利明・自民党幹事長(写真:ロイター/アフロ)
    甘利明・自民党幹事長(写真:ロイター/アフロ)
  • 甘利明・自民党幹事長(写真:ロイター/アフロ)

「『政治とカネ』が尾を引いたと思うんですけど」

   投票が締め切られた20時過ぎ、番組スタジオは甘利氏と中継を繋いだ。太田さんが「ご無沙汰してます。太田です」とあいさつし、甘利が「どうも。お元気ですか?」と応じると、太田さんは「元気です。甘利さんお元気そうじゃないですね。何かあったんですか?」とし、「甘利さん、これ負けるとなると、自民党的にも相当、幹事長ですから責任問題になりますよね?」と質問した。

   甘利氏は「ええ、責任を感じております」と答えると、太田さんは「どの辺が一番原因だと思いますか?」と立て続けに聞く。甘利氏が「自民党全体ですか?」と確認すると、太田さんは「いや甘利さんが。甘利さん、これもう戦犯ですよね? もし負けたら」と言葉を浴びせた。

   甘利氏は「私自身のことでいえば、私が思い描いていた、日本を未来こういう形にしたいというプラン、8合目までできたんですけど、その思いが選挙区に伝わらなかった。私の力不足ですね」となおも淡々と答えたが、太田さんは「力不足というか、甘利さん、『政治とカネ』が尾を引いたと思うんですけど、国民にはどういう受け止め方されたと思っています? 金に汚いとか」と、2016年に発覚した建設会社からの金銭授受問題に言及。甘利氏は当時、経済再生担当相を辞任している。

   太田さんの質問に甘利氏は「私が事件に関与していると思われたんだと思うんです。私自身は全く関与していない。週刊誌で初めて全容を知ったくらい」としたが、太田さんは「今までどおり『秘書がやりました』と同じ言い訳なんだけど」と迫る。甘利氏は「ですから、監督責任があると思った。私は秘書がそういうことをしていると、週刊誌を見るまで知りませんでした」と繰り返した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中