2021年 11月 28日 (日)

立憲・鎌田さゆり氏、ヤギ「政治利用」の意図「全くない」 当選直後の炎上騒動、本人明かす全事情

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   衆院選(2021年10月31日投開票)宮城2区で当選した立憲民主党・鎌田さゆり氏が飼っている「ヤギ」をめぐり、ツイッター上では波紋が広がっている。

   鎌田氏は選挙期間中に子ヤギの「仙台メリー」の写真や動画をSNSに投稿。10月20日には、枝野幸男代表との3ショットも掲載していた。しかし、選挙直後の11月3日に「最後まで責任を持って寄り添い育てることは困難」だとして、里親への譲渡を発表。この対応には、ペットの政治利用、動物愛護の観点から指摘が相次いだ。

   鎌田氏はその後、一転して里親に出さず飼育を続けることを表明。いったい、なにがあったのか。J-CASTニュースは鎌田氏に話を聞いた。

  • 立憲民主党・鎌田さゆり氏の「ヤギ騒動」を本人に直撃(画像は鎌田氏のインスタグラムより)
    立憲民主党・鎌田さゆり氏の「ヤギ騒動」を本人に直撃(画像は鎌田氏のインスタグラムより)
  • 仙台メリー、鎌田氏、枝野代表とのスリーショット(鎌田氏のツイッターより)
    仙台メリー、鎌田氏、枝野代表とのスリーショット(鎌田氏のツイッターより)
  • 立憲民主党・鎌田さゆり氏の「ヤギ騒動」を本人に直撃(画像は鎌田氏のインスタグラムより)
  • 仙台メリー、鎌田氏、枝野代表とのスリーショット(鎌田氏のツイッターより)

「使い捨てならお世話しません」

   鎌田氏は宮城県仙台市出身。地元の大学を卒業後、00年に当時の民主党から宮城2区で出馬し、初当選を果たした。03年衆院選で2選となるも、鎌田氏を支持していた労組幹部の選挙違反事件を受け、04年に議員辞職。05年に離党している。12年に復党すると、今回の衆院選では自民現職の秋葉賢也氏を571票差で破り、16年10か月ぶりの国政復帰を果たした。

   今回の選挙戦、鎌田氏のツイッターで頻繁に登場したのが、同氏が飼っている子ヤギ・仙台メリーだ。公示日前の10月5日に、辻立ち後の鎌田氏が仙台メリーをハグしている写真を投稿。これを皮切りに、仙台メリーが落ち葉を食べる様子や、鎌田氏の上に乗っかる様子なども投稿された。公示後の20日には、自身と仙台に遊説中だった枝野代表とのスリーショットを披露し、25日には鎌田氏が仙台メリーと一緒に選挙カーを迎える様子を伝えた。

   衆院選勝利から3日後の11月3日、鎌田氏はこんなツイートを投稿する。

「投開票の夜、仙台メリーさんは鎌田のそばでずっと鎌田を見守ってくれていました。最後まで責任を持って寄り添い育てることは困難で栗駒(編集部注:宮城県栗原市の地名)の里親さんに育てて頂くことに。今週(土)メリーさんは里親さんの元に」

   突然の「飼育終了」宣言。ネット上では選挙・政治利用のため短期間だけヤギを飼っていたのではないかとして、動物愛護の観点から批判の声が相次いだ。鎌田氏が動物愛護活動に力を注いでいたこともあり、行動の矛盾を指摘する声もあった、

   こうした声に、鎌田氏はツイッター上で反論。「ヤギは事務所横の草刈り」のために飼っていたもので、政治利用ではなかったこと、当初から里親予定者と相談の上で飼育をしていたと伝えた。また、ユーザーから「使い捨て」ではないかという指摘が寄せられると「使い捨てという表現は彼女にも失礼です。使い捨てならお世話しません」と返信していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中