2022年 5月 29日 (日)

妻が「離婚前に不倫相手と一緒に...」 日本沈没・小栗旬演じる主人公に同情「踏んだり蹴ったり」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   俳優の小栗旬さんが主演を務める「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)第4話が2021年11月7日に放送され、小栗さん演じる天海啓示に同情する声が多くあがっている。

  • 小栗旬さん
    小栗旬さん
  • 天海(小栗旬さん)の妻・香織(比嘉愛未さん)とともにバスに乗り込んでいく野田(瀧川鯉斗さん)。TBS「日本沈没」公式ツイッター(@NCkibou_tbs)より
    天海(小栗旬さん)の妻・香織(比嘉愛未さん)とともにバスに乗り込んでいく野田(瀧川鯉斗さん)。TBS「日本沈没」公式ツイッター(@NCkibou_tbs)より
  • 小栗旬さん
  • 天海(小栗旬さん)の妻・香織(比嘉愛未さん)とともにバスに乗り込んでいく野田(瀧川鯉斗さん)。TBS「日本沈没」公式ツイッター(@NCkibou_tbs)より

避難指示に大混乱

   作家・小松左京さんによる1973年刊行の小説「日本沈没」が原作。何度も映像化されてきた名作で、今作のドラマでは2023年の東京を舞台にアレンジしている。小栗さん演じる環境省の官僚・天海啓示ほか、経済産業省の同僚・常盤紘一役を俳優の松山ケンイチさん、新聞記者・椎名実梨役を杏さんが務め、「沈没」という未曽有の危機に立ち向かう姿が描かれる。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   第4話では、天海と実梨の極秘結託により、新聞に「半年以内に関東圏沈没」の記事が出る。世間の混乱を招かないように情報は段階的に出すべきだ、と考えていた政府はネタ元の特定に躍起になるが、実梨はこれを機に東山総理(仲村トオルさん)に対し、国民に対し会見を開くべきだと迫る。

   東山総理は実際に会見で、記事の内容を大方認め、関東在住者は速やかに避難してほしいと説明する。世間は大混乱に陥りつつ、避難を始めるが、そんなとき地震が起きて... という展開となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中