2022年 1月 24日 (月)

山尾志桜里氏「菅野」姓を表明も...苦労吐露 「結婚と名前変更をセットで強制する制度はあわない」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   元衆院議員の山尾志桜里氏が2021年11月8日、今後は戸籍名の菅野志桜里(かんの・しおり)として活動していくことをツイッターで表明した。「山尾」は元夫の姓だが、18年の離婚後も「通称」として名乗り続けてきた。

   戸籍名と通称が違うのは「あらゆる面で負担大」だとして、衆院議員ではなくなったのを期に、業務でも「菅野」を名乗ることにした。ただ、「名前は変えるのも戻すのも、本当に大変」。そのひとつがツイッターのユーザー名(@ ShioriYamao)だ。これを変更しようとすすると投稿のURLも変わってしまうため、結局断念した。さらに、ユーザー名を変更しようとする操作が影響したのか、青い認証マークも消えてしまった。

  • 元衆院議員の山尾志桜里氏(2020年8月撮影)。今後は戸籍名の菅野志桜里(かんの・しおり)として活動していくことをツイッターで明らかにした
    元衆院議員の山尾志桜里氏(2020年8月撮影)。今後は戸籍名の菅野志桜里(かんの・しおり)として活動していくことをツイッターで明らかにした
  • ツイッターのユーザー名変更は断念。現時点で認証マークは消えている
    ツイッターのユーザー名変更は断念。現時点で認証マークは消えている
  • 元衆院議員の山尾志桜里氏(2020年8月撮影)。今後は戸籍名の菅野志桜里(かんの・しおり)として活動していくことをツイッターで明らかにした
  • ツイッターのユーザー名変更は断念。現時点で認証マークは消えている

衆院議員時代は「キャリアの連続性」を重視して通称使用

   山尾氏は06年に結婚し、09年に衆院議員に初当選。12~14年の落選期間をはさんで、21年10月の衆院解散まで議員を務めてきた。約3年にわたる通称使用だった。ツイートでは、通称をやめる理由を次のように説明。衆院議員時代は「キャリアの連続性」を重視してきたが、議員でなくなったことを機に決断したようだ。

「これからは仕事も菅野志桜里でいきたいと思います。戸籍と通称が違うのあらゆる面で負担大なので。キャリアの連続性をやや失っても、この機会にそこは一致させてください!そして頼むわ、早く選択的夫婦別姓通りますように」

   ツイッターも、表示される氏名が「山尾志桜里」から「菅野志桜里」に変わり、背景のプロフィール画像も「SHIORI KANNO」の文字入りのものに差し替えられた。ただ、全部を変更するのはハードルが高く「名前は変えるのも戻すのも、本当に大変」だ。

ユーザー名を変更すると認証マークが消える

   典型的なものがユーザー名(@ShioriYamao)で、変更すると影響が大きいため断念した。

「たとえば、@のユーザー名を変えようとしたら、URL自体が変わってしまうので断念。デジタルでのコミュニケーションが名前と紐づいてキャリアを形成していく時代に、結婚と名前変更をセットで強制する制度はあわないよー」

   現時点でアカウントからは認証マークが消えている。ツイッター社はウェブサイトで、認証マークが取り消される理由のひとつとして、「ユーザー名(@ユーザー名)を変更した場合」を挙げている。ユーザー名を変更する操作をしたことが影響した可能性がありそうだ。

   ツイッター以外にも公式サイトの「yamaoshiori.jp」など、変更の検討が必要な事柄は多い。山尾氏は、泣き顔の絵文字付きで次のように訴えた。

「別姓には反対だけど応援と言ってくださる方にも感謝してます!でもね、ほんとに通称使用じゃ解決できない手間や苦労がありすぎるのよ」

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中