2021年 11月 27日 (土)

新庄剛志は「監督」か「ビッグボス」か...肩書き巡りWikipedia大荒れ 「自称に過ぎない」の意見も

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「監督」か「ビッグボス」か――。

   北海道日本ハムファイターズ・新庄剛志監督の「役職名」をめぐり、解釈が割れている。秋季キャンプの様子を報じたスポーツメディアの表記は「監督」と「ビッグボス」の間でまちまち。新庄氏のWikipediaでは連日「編集合戦」が繰り広げられる事態だ。

  • 新庄剛志氏(写真:ロイター/アフロ)
    新庄剛志氏(写真:ロイター/アフロ)
  • 「編集合戦」の様相を呈している新庄氏のWikipedia
    「編集合戦」の様相を呈している新庄氏のWikipedia
  • 新庄剛志氏(写真:ロイター/アフロ)
  • 「編集合戦」の様相を呈している新庄氏のWikipedia

「『ビッグボス』こと新庄剛志監督」「日本ハム新庄剛志BIGBOSS(監督=49)」

「監督って皆さん呼ばないでください。BIGBOSS、ビッグボォスでお願いします。ビッグボォスが好きなんですよ。あの、『新庄監督』とか僕いらないですね。なんか監督っぽいじゃないですか、『ビッグボス』でお願いします」

   2021年11月4日の監督就任会見で、こう報道陣に呼びかけた新庄氏。「ビッグボス」はインドネシア・バリ島在住時に呼ばれていた愛称だ。この日、報道陣に渡されたという新庄氏の名刺には「BIGBOSS SHINJO」と記載されていた。

   新庄氏からの「要請」を受け、スポーツメディアは記事の中で一斉に「ビッグボス」表記をはじめる。例えば、チームの秋季キャンプ視察初日となった11月8日には、デイリースポーツが記事中で「新庄剛志ビッグボス」と「監督」を省いた形で役職名を報道。スポーツ報知は「ビッグボス・新庄剛志監督」、スポニチアネックスは「『ビッグボス』こと新庄剛志監督」と、頭に「ビッグボス」をつける形で報じた。

   9日には日刊スポーツが「日本ハム新庄剛志BIGBOSS(監督=49)」と、BIGBOSSをメインの肩書きにし、監督・年齢を括弧で表記するという手法で報じている。一方で、単に「新庄剛志監督」とだけ記すメディアもあり、対応は媒体・記事によってまちまちなようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中