2022年 5月 23日 (月)

枝野幸男氏が回答拒否した記者の質問 辞任会見でバトル勃発、現場で見た一部始終

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「排除発言から生まれた立憲民主党の代表とは思えない暴言だと思うんですが」

   フリーランスの横田一記者は、枝野氏の発言を非難し、撤回を要求。

「(小池百合子都知事の)排除発言から生まれた立憲民主党の代表とは思えない暴言だと思うんですが、撤回なさるお考えはないんでしょうか」

   枝野氏は「どういう判断をされるかは次の執行部」だとして、IWJの質問を改めて批判した。

「先ほどのご発言は完全にですね、ご自身やご自身に託されたご意見の開陳の部分が圧倒的に長くて、同じことをお聞きになって、私の見解を聞きたいのであれば、全く1分で済む話だったと私は思います」

   横田氏が

「だったら事前に注意して『今後は控えるように』で、それで済む話で...」

と改めて方針を批判すると、枝野氏は次のように話し、初めて明示的に質問を批判した経緯を明かした。

「毎回それに対するいら立ちはお示しをしてきましたが、代表を離れるので、はっきりと申し上げただけです」

   ここても司会の党職員が

「報道担当として重く受け止めたいと思います。私の仕切りを含めて、総括をしてまいりたいと思います」

と付け加え、次の話題に移った。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中