2021年 12月 3日 (金)

「今日の海は荒れるかもしれんな」 「日本沈没」主人公たちを助けた漁師・ガッツ石松の好演に反響

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年11月14日に放送されたドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)第5話に、元プロボクサーでタレントのガッツ石松さん(72)が出演し、存在感ある演技が話題になっている。

  • ガッツ石松さん(写真:山口裕朗/アフロ)
    ガッツ石松さん(写真:山口裕朗/アフロ)
  • TBS「日本沈没」公式インスタグラム(@nckibou_tbs)より
    TBS「日本沈没」公式インスタグラム(@nckibou_tbs)より
  • ガッツ石松さん(写真:山口裕朗/アフロ)
  • TBS「日本沈没」公式インスタグラム(@nckibou_tbs)より

家族が乗るバスがトンネル崩落事故に巻き込まれる

   作家・小松左京さんによる1973年刊行の小説「日本沈没」が原作。何度も映像化されてきた名作で、今作のドラマでは2023年の東京を舞台にアレンジしている。俳優の小栗旬さん演じる主人公の環境省官僚・天海啓示ほか、経済産業省官僚・常盤紘一役を俳優の松山ケンイチさん、新聞記者・椎名実梨役を杏さんが務め、「沈没」という未曽有の危機に立ち向かう姿が描かれる。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   関東沿岸部の沈没に巻き込まれてしまった天海と実梨。一命をとりとめた上、地震学者で「関東沈没」を唱えた田所雄介博士(香川照之さん)から第2波の心配はないと明言され、安心したのも束の間、天海の元妻・香織(比嘉愛未さん)と娘・茜(宝辺花帆美さん)、さらに実梨の母・和子(宮崎美子さん)らが乗った避難バスがトンネルの崩落事故に巻き込まれたという情報が入る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中