2021年 12月 4日 (土)

直筆の結婚発表文「読みづらい」 菅田将暉、まさかの指摘に焦る「あれ?え?」「俺らなりに研究」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   俳優の菅田将暉さん(28)が2021年11月15日深夜(16日未明)放送の「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)で小松菜奈さん(25)との結婚を報告した際、ファンからのまさかのツッコミを拾うシーンがあった。

   番組開始から約40分後、結婚を祝福するメッセージを1つ1つ読み上げていく菅田さんだったが、その中に、菅田さんの結婚を祝いつつも、番組開始前に本人がツイッターで発表した直筆文の字が読みづらかったと指摘するものがあったのだ。

  • 菅田将暉さん(2016年撮影)
    菅田将暉さん(2016年撮影)
  • 菅田将暉さんのツイッターから
    菅田将暉さんのツイッターから
  • 菅田将暉さん(2016年撮影)
  • 菅田将暉さんのツイッターから

「もっと細いペンはなかったんですか?」

   当該メッセージは序盤こそ、「1人のリスナーとして、まるで自分のことのように嬉しいです」と菅田さんを祝福。しかし、「ところで質問なのですが、結婚の直筆メッセージ、あれはもっと細いペンはなかったんですか? シンプルに読みづらいです」と、その視認性の悪さを指摘したのだ。

   これに対し、菅田さんは「マジで? あれ? え? マジで? あれ?」と、全くもって想定外だったように仰天。さらに、

「俺らなりに研究したんやけどなあ。紙に書いてデータ化して載っけるから、逆に細すぎるとアカンかーっつって。何なら事務所から支給されたペンとかで。これぐらいがいいんじゃないっていう前例を踏まえての(ものだったんだけど)」

と、本人はもちろん、所属事務所としても工夫を凝らした末の判断だったことを明らかにした。ただ、「読みづらかった? マジか。それは良くないな」「確かに(直筆メッセージを)ちらっとテレビのニュース見たらさ、バーンってなった時に(表示された時に)、ピント合ってなくて、大体ベターっとしてて、ジワーっと(にじんでた)」とも語り、ファンからの指摘を最終的には受け入れたのだった。

   この箇所に対し、ツイッター上では「結婚報告当日に直筆文のペンの太さでリスナーに叱られる菅田将暉めちゃくちゃ面白いな」と、ラジオでの展開を喜ぶ声が続々。他にも、「直筆メッセージのペン選び、『俺らなりに考えて』俺らなりにー 『俺ら』 菅田将暉くん、小松菜奈ちゃん ほんまにお似合いで美しい おめでとうございます」と、菅田さんの言葉そのものに幸せさがにじみ出ていたとする声も上がっている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中