2021年 12月 6日 (月)

「ベンチ外なら呼ぶなよ」 オマーン撃破で2位浮上も...森保監督「固執采配」に不満の声

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   サッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第6戦が2021年11月16日(日本時間17日)、スルタン・カブース・スポーツコンプレックスで行われ、日本がオマーンを1-0で破った。日本はこれでB組2位に浮上し、本戦出場へ望みをつないだ。

  • 日本代表の森保監督(写真:AFP/アフロ)
    日本代表の森保監督(写真:AFP/アフロ)
  • 日本代表の森保監督(写真:AFP/アフロ)

三笘「クロスを上げれば何か起こるんじゃないかと思って」

   前半を0-0で折り返した日本は、後半にMF柴崎岳(29=レガネス)をベンチに下げMF三笘薫(24=ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)を投入。この交代で停滞気味だった流れが日本に傾き始めた。

   得点シーンを演出したのはA代表デビューとなった三笘だった。後半36分、日本は敵陣左サイドを攻め込み三笘が左足でクロスを入れた。これをMF伊東純也(28=KRCヘンク)が走り込んで合わせてゴール。待望の先制点をもたらした。

   日本はこの1点を守り切りアウエーで勝ち点「3」を獲得。最終予選グループB組2位のオーストラリアが中国に1-1で引き分けたため、日本が2位に浮上した。

   殊勲の三笘は試合後のインタビューで「(中山)雄太君が素晴らしいボールをくれたので前にスペースありましたし、中にクロスを上げれば何か起こるんじゃないかと思って上げました」とアシストのシーンを振り返り、「今日の試合はサイドにスペースありましたし点を取るシチュエーションだったのでやりやすかったです」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中