2021年 12月 3日 (金)

「縦型」洗濯機と置き台のすき間に幼児が手を入れ大ケガ 8年前に製造の機種、日本小児科学会が報告

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   8年前に製造された「縦型」の洗濯機と置き台のすき間に男児(2)が手を入れ、指を切断する事故があったとして、日本小児科学会が公式サイトなどで注意喚起している。

   日本電機工業会によれば、当時の洗濯機はモーターが下部にあるものが多く、最近はかさ上げするタイプの置き台が出てきたため、事故につながったのではないかとしている。

  • 洗濯中に子供が大ケガしていた(写真はイメージ)
    洗濯中に子供が大ケガしていた(写真はイメージ)
  • 洗濯中に子供が大ケガしていた(写真はイメージ)

凹の形になったかさ上げタイプの置き台が設置された

   この事故は、小児科学会の学会雑誌2021年11月号で報告され、11月17日には、「自動洗濯機の底に手を入れ底部回転部で受傷した手指外傷」のタイトルで学会公式サイトの傷害速報でも紹介された。

   それによると、この洗濯機は、13年の製造で、男児の家の洗面所では、凹の形になった置き台の上に置かれ、男児は2020年7月、その隙間に手を入れた。ガガガと壊れたような音が聞こえ、父親が駆け付けると、男児が泣き叫んでおり、薬指が切れて血が出ていた。男児は、救急車で病院に運ばれ、薬指は緊急手術で接合が試みられたが、左環指末節骨開放骨折,左環指不全切断の大ケガを負った。男児が手を入れたときに、運転中の洗濯機の底部にある回転部に当たったとみられている。

   洗濯機の脚の高さは床から1センチほどで、平らな床面に置かれれば、男児でもすき間に手を入れられないという。しかし、配管を洗濯機の下に通すため、かさ上げタイプの置き台が設置され、洗濯機の下に7センチほどのすき間ができていた。

   この事故について、同学会のこどもの生活環境改善委員会では、速報のコメントで、底部にある回転部が露出した縦型洗濯機も多いとして、「四隅の脚をかさ上げする等,洗濯機を床面から浮かした設置の仕方をすると,すき間に子どもの手が入り回転部に触れてしまう危険がある」と注意を促した。

   ただ、「現在発売されている製品の本体や,その取扱説明書には,『けがや感電の危険があるため,運転中は本体の下に手足を入れてはいけない』『置き台などを使用すると床面とのすき間が大きくなるため注意』という記載がされているものもある」ともした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中