2021年 11月 27日 (土)

エアソフトガン3機種に「意図せぬ発射作動」の不具合 東京マルイが謝罪、原因・対策は調査中

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   エアソフトガンなどを製造する東京マルイ(東京都足立区)は2021年11月18日、一部製品で意図せず発射作動する不具合が判明したと発表した。原因や対策方法については調査中で、近日中に対応を発表するという。

  • 不具合が確認されたガスブローバック「グロック19 Gen.4」
    不具合が確認されたガスブローバック「グロック19 Gen.4」
  • 不具合が確認されたガスブローバック「グロック19 Gen.4」

「大変なご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます」

   不具合が確認されたのは、「ガスブローバック」という種類のエアソフトガンだ。東京マルイは、ガスブローバック「グロック19 Gen.4」で特定の操作を行った際に、意図せず発射作動するという報告を受け、調査した。その結果、同商品と「グロック19 サードジェネレーション」「グロック17 Gen.4」の3機種で同様の症状を確認した。

   「コッキングされた状態でマガジンを強く叩き入れると、意図せぬ発射作動(ハンマーダウン)が発生することがある」という。原因については、「マガジンを入れる際に想定以上の力がかかることで、内部のパーツに変形が発生するため」だとしている。

   同社は原因や対策方法について調査を行っており、対策内容などが決まり次第、無償対応する。購入者に対しては、マガジンをセットする際に勢いをつけすぎないよう注意を呼び掛け、「大変なご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中