2021年 11月 28日 (日)

パスワードを「子どもの誕生日」にするよう指定 神奈川県「子育て支援サイト」、誤解招き改修へ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   神奈川県の子育て支援サイト「かながわ子育て応援パスポート」への利用者登録をめぐり、SNS上で疑問の声があがっている。パスワードを子供の誕生日もしくは出産予定日にするよう求めており、情報漏洩などを懸念する声が寄せられている。

   事業を手掛ける県の担当課は2021年11月25日、J-CASTニュースの取材に、システムを改修予定だと明かした。

  • 「かながわ子育て応援パスポート」の登録方法に疑問の声
    「かながわ子育て応援パスポート」の登録方法に疑問の声
  • 「かながわ子育て応援パスポート」の登録方法に疑問の声

「情報漏洩するよ」

   神奈川県は12年2月25日から、協力施設への提示で割引や景品の提供などの優待サービスを受けられる登録証「かながわ子育て応援パスポート」を発行している。利用登録は無料で、県内在住の妊婦と、小学生以下の子どもがいる家庭が対象。公式サイト上の登録システムか既定の書類で申し込める。

   登録システムでは、メールアドレス、パスワード、住んでいる地域、子供の人数の登録が必要だ。パスワードについては、下記の指定が設けられている。

「最年少のお子さんの生年月日を半角数字で入力してください。
妊娠中の方は出産予定日を半角数字で入力してください」

   ツイッター上では24日、この仕様について「このパスワード強制はヤバい」と問題視する声があがった。これを発端に「セキュリティガバガバ」「情報漏洩するよ」などと懸念が広がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中