2022年 1月 23日 (日)

巨人とは対照的?ヤクルト若手「続々台頭」の秘密 指導力だけではない「大きな差」とは

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   オリックスとヤクルトが激突している今年の日本シリーズ。前年最下位からリーグ制覇したチーム同士が対戦するのは史上初だったが、「近年で一番面白い」と野球ファンから好評だ。

  • 東京五輪でも活躍した村上はまだ4年目。我慢の起用で花開いた(写真:ロイター/アフロ)
    東京五輪でも活躍した村上はまだ4年目。我慢の起用で花開いた(写真:ロイター/アフロ)
  • 東京五輪でも活躍した村上はまだ4年目。我慢の起用で花開いた(写真:ロイター/アフロ)

奥川、高橋、村上...若手が続々台頭

   ヤクルト・野村克也元監督が提唱した「ID野球」の薫陶を受けた高津臣吾監督と、オリックスで仰木彬元監督の下でプレーした中嶋聡監督は同学年。26年前の95年にヤクルトとオリックスが日本シリーズで対戦した際に両監督は選手として戦っている。

   因縁の対決は攻守にハイレベルな戦いが繰り広げられ、ここまではすべて接戦だ。19、20年の日本シリーズはソフトバンクが巨人に4連勝と一方的だっただけに、セリーグの代表として奮闘しているヤクルトの戦いぶりが頼もしい。

   19、20年と最下位に沈んだヤクルトだが、今季はチームがガラッと生まれ変わった。

   その要因は若手の台頭だ。高卒2年目・奥川恭伸はエース格となり、自己最多の9勝をマーク。CSファイナルステージでは初戦の先発に抜擢され、抜群の制球力でプロ初完投初完封勝利飾った。

   24歳左腕・高橋奎二も制球が改善し、安定感が一気に増した。日本シリーズ2戦目でプロ初完投初完封勝利。躍動感あふれるフォームから150キロ近い直球は球威十分でスケールの大きさを感じさせる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中