2022年 5月 16日 (月)

W杯PK外した元日本代表に「殴られた」松井大輔の言葉とは 衝撃秘話を暴露「今では全然問題ない」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカーの元日本代表MF松井大輔(40)が2021年11月25日に映像配信サービスDAZNで公開された「内田篤人のFOOTBALL TIME」に出演し、10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会での衝撃エピソードを披露した。

  • 元日本代表MF松井大輔(18年撮影)
    元日本代表MF松井大輔(18年撮影)
  • パラグアイ戦でPKを外し頭を抱える駒野(写真:L’EQUIPE/アフロ)
    パラグアイ戦でPKを外し頭を抱える駒野(写真:L’EQUIPE/アフロ)
  • 元日本代表MF松井大輔(18年撮影)
  • パラグアイ戦でPKを外し頭を抱える駒野(写真:L’EQUIPE/アフロ)

松井「僕が蹴るんだったら駒野みたいなミスはしない」

   番組は元日本代表DF内田篤人氏(33)がMCを務め、対談形式でトークが繰り広げられた。そのなかで松井がW杯南アフリカ大会を振り返り、盟友である元日本代表DF駒野友一(40)のエピソードを明かした。

   日本は南アフリカ大会のグループリーグを2位で通過し、決勝トーナメント1回戦でパラグアイと対戦した。試合は0-0のスコアレスでPK戦に突入し、3番手の駒野が蹴ったボールはクロスバーの左上を直撃しネットを揺らすことが出来ず3-5で負けた。

   松井はパラグアイ戦にスタメン出場するも途中交代し、ベンチで終戦を迎えた。試合後、ピッチ上で泣きじゃくる駒野を抱きかかえるようにして支えた松井の姿は話題を呼び、日本のサッカーファンに強い印象を残した。

   番組の中で内田氏から「松井さんは最後PK蹴ってましたっけ?」と振られた松井は「蹴っていない。交代しているから」と即答し、「僕が蹴るんだったら駒野みたいなミスはしない」と強烈な返しで内田氏を慌てさせた。

小学校でのあだ名は「新幹線」

   駒野と同じ年で小学生の時からの付き合いだという松井は「小学校の時から知ってるコマちゃんだから。小学校で新幹線っていうあだ名だったんだけど。すごく足が速かった」と当時を振り返った。

   そして内田氏から「あと一歩で初めてのベスト8だったじゃないですか。あそこで終わってしまった時というのは?」と問われると、「やっぱりあれはみんなが思っていると思いますけど駒野のせいです」と断言し、再び内田氏を慌てさせた。

   さらに松井氏はW杯後の駒野とのエピソードを披露。「駒野の前で言うの。『お前のせいで負けたからな』って言ったら普通に殴られた」と笑顔で語り、「今では全然問題ない。当時は本当に大変だったらしくて。殺人予告じゃないけどそんなのもあったらしいよ」と明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中