2022年 1月 26日 (水)

杏の英語が「ペラペラやん!」 「日本沈没」モーリー・ロバートソンとの英会話シーンに称賛

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優の杏さんが新聞記者役で出演する「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)第7話が2021年11月28日に放送され、杏さんが流暢な英語を話すシーンに反響があがっている。

  • 杏さん
    杏さん
  • TBS系「日本沈没」に出演する杏さん。ドラマ公式インスタグラム(@nckibou_tbs)より
    TBS系「日本沈没」に出演する杏さん。ドラマ公式インスタグラム(@nckibou_tbs)より
  • 杏さん
  • TBS系「日本沈没」に出演する杏さん。ドラマ公式インスタグラム(@nckibou_tbs)より

著名な教授が全土沈没を否定!?

   同ドラマは作家・小松左京さんによる1973年刊行の小説「日本沈没」が原作。何度も映像化されてきた名作で、今作のドラマでは2023年の東京を舞台にアレンジしている。主人公の環境省官僚・天海啓示を小栗旬さん、経済産業省の同僚・常盤紘一役を俳優の松山ケンイチさん、新聞記者・椎名実梨役を杏さんが務め、「沈没」という未曽有の危機に立ち向かう姿が描かれる。

※以下、ネタバレを含みます。

   田所博士(香川照之さん)とともに関東沈没説を支持していたジェンキンス教授(モーリー・ロバートソンさん)が日本沈没説を否定した。どうしてもジェンキンス教授の意向だとは思えない天海は、どこからか圧力がかけられていると予測し、姿をくらませているジェンキンス教授を探しに、とりあえずアメリカに訪ねようとした。

   しかし、それを知った実梨は「素人が慣れないことをやっても時間の無駄です。私が記者としてアメリカに行ってきます」と単身アメリカへ渡り、ジェンキンス教授に真相を確かめることを約束する。

   アメリカに着いた実梨は、話をしようとしないジェンキンス教授に対し、英語で「やっぱり後ろ暗いことがあるんですね?」と核心を突く。続けて、「田所説を否定したのは、何者かの圧力があったから?」「巨額の報酬を積まれて否定したとか?」と煽ると、耐えきれなくなったジェンキンス教授が激昂して反論する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中