2022年 1月 26日 (水)

柔軟剤スプレー紹介は「不適切だった」 ウェブメディアが記事削除...メーカー3社も「推奨しない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   柔軟剤を洗濯以外で使用する動きが広がっている。香水やフレグランススプレーの代わりになるといい、ネット記事では「話題沸騰」「若いママたちの間で人気です」とも紹介されている。

   しかし、メーカー3社は取材に「推奨しない」と答えた。

  • 当該記事
    当該記事
  • 当該記事

「香害」を懸念する声

   主婦の友社が運営するニュースサイト「暮らしニスタ」は2021年10月中旬、「洗濯だけじゃない!『柔軟剤』の意外な活用方法」と題した記事を配信した。ヤフーやLINEニュースにも転載された。

   「家事コツ研究員」を名乗る筆者が、柔軟剤の洗濯以外での活用法を指南している。柔軟剤の効果である静電気防止、消臭、香りづけに着目し、手製の「柔軟剤スプレー」が「使い勝手が万能」だと推奨した。

   水100ミリリットルに柔軟剤5ミリリットルを混ぜた物で、(1)掃除(2)フレグランススプレー(3)ヘアブラシの手入れ(4)セーターに吹きかけ静電気防止――といった用途を紹介している。

   記事に対してSNS上では、合成香料(化学物質)が原因で、頭痛や吐き気などの症状が出ることで知られる「香害」を心配する声が見つかる。

   市民団体「香害をなくす連絡会」が2020年に行った調査(9030人回答)によれば、香りつき製品で具合が悪くなったことがあると答えた人は79%に上った。原因の1位は柔軟剤(86%)だった。

   業界団体「日本石鹸洗剤工業会」が定める柔軟剤の品質表示自主基準では、用途以外に使用しない旨を表示するようしている。18年の改定では香害を念頭においてか、「周囲への配慮と、適正使用量を守る旨を表示する」点が加わった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中