2022年 1月 26日 (水)

「新幹線はゴミ箱じゃない」座席に食べ物、空き缶放置 酔っ払い集団の最悪マナーに乗客激怒

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京行きの東北新幹線の車内で、食べ物などのゴミを座席に散乱させた人たちがいたと、ツイッターに苦情があった。

   投稿された写真を見ると、食べ残しの柿の種が座席に散らばり、飲んだ後のビールの缶やワインの瓶、海苔の袋もあった。海苔の袋は、7つもあり、グループで食べたらしい。

  • 東北新幹線(写真はイメージ)
    東北新幹線(写真はイメージ)
  • ゴミが座席の上に散乱する惨状(写真は、投稿者提供)
    ゴミが座席の上に散乱する惨状(写真は、投稿者提供)
  • 東北新幹線(写真はイメージ)
  • ゴミが座席の上に散乱する惨状(写真は、投稿者提供)

酒は飲んでいたが、泥酔状態ではなかった

   この写真は、2021年11月28日に投稿され、投稿者は、「新幹線はゴミ箱じゃない」などと怒りをぶつけた。車内には、ゴミ箱も設置されているが、そこに捨てる気もなかったのかとあきれていた。

   投稿は、4000件以上もリツイートされており、ツイッターで拡散している。

   投稿者は30日、J-CASTニュースの取材に対し、当時の状況を明かした。それによると、投稿者が28日、JR福島駅から新幹線に乗ったところ、30~40代ぐらいの女性3人ほどのグループが前の方の指定席に座っているのを見かけた。

   乗車中は、普通に座っており、お酒は飲んでいたが、泥酔状態ではなかったという。21時ごろに東京駅に着いてから前を見ると、グループがいた座席は、写真のような惨状になっていた。

   それまでまったく気づかず、グループは、すでに降車していたので、注意できなかったそうだ。散乱していたゴミは、清掃員がすぐに片付けたという。

   こうした座席へのゴミ放置について、JR東日本の広報部は12月1日、次のようにメールで取材に回答した。

「座席の上に残されるような例は、ほぼございません。残っているとすれば、座席背面のアミ内か窓部の小テーブルあたりに『数点程度/1両』です」

   つまり、投稿者が気づいたゴミ放置は、マナーが相当悪いケースになるようだ。座席にゴミを残す客にどう対応するかについては、「お客さまが降車してから清掃員が入るので注意することはございません」と述べた。

   清掃員が処理に苦慮する事例としては、嘔吐物による汚損が主になるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中