2022年 5月 19日 (木)

「一線を越えた」「マジで度を超えた行為」 朝倉未来、週刊誌の母親直撃に「ブチギレ」法的措置へ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   格闘家でYouTuberの朝倉未来さんが2021年12月2日、母親に直撃取材して無断撮影した写真とともに記事を掲載した週刊誌「FLASH」に対し、法的措置を取ると表明した。

  • 朝倉未来さん(写真:Motoo Naka/アフロ)
    朝倉未来さん(写真:Motoo Naka/アフロ)
  • 朝倉未来さん(写真:Motoo Naka/アフロ)

「よく『マスゴミ』って皆さん言われてますけど...」

   朝倉さんはYouTube動画「さすがに許せない事が起きました」で、ことの顛末を報告した。

「FLASHというね。記事の記者が、地元の母親の家を凸(突撃)して。『1000万企画』結構批判されたことに関して、『息子さん、どう思いますか』みたいな意味がわからない記事を勝手に(雑誌に)上げました」

と話し出した。抑え目ではあるが、声色には怒りが滲んでいる。「勝手に写真も撮られまして。もちろんアポなんか取ってないし」と不快感をにじませ、朝倉さんの母親も取材を知らなかったため、かなり驚いたとした。

「母親からすぐに電話来てね。『すごいびっくりしたんだけど、どういうこと?』みたいな。最初配達員だと思ったらしくて」
「これとんでもないことだと思います。よく『マスゴミ』って皆さん言われてますけど、一線を越えたなというか。マジで度を超えた行為をしたなっていうか」

「徹底的にやってやろうかなと思います」

   朝倉さんは法的措置を取るとも明かし、

「僕は公人と言われる存在なんで記事とかにされるのはしょうがないと思ってるんですけど、母親はまるで関係ないし一般人だし。これはさすがにおかしいと思って、法的措置を取らせていただくことを決めました」
「さすがにちょっとキレてますんで、戦おうかなと思います。僕はお金があるんでね、徹底的にやってやろうかなと思います」

と徹底抗戦の構えを示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中