2022年 1月 26日 (水)

45歳YouTuber、33時間の分娩乗り越え出産報告 涙ぐみ「本当に奇跡」...高齢妊娠に「誹謗中傷」も

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   45歳のYouTuber・あいりさんが2021年12月1日、第一子となる男の子の出産を報告した。33時間22分という長時間の分娩を乗り越えたあいりさんに、ファンから多くの祝福のメッセージが寄せられている。

  • あいりさんのインスタグラム(@airi_happy)より
    あいりさんのインスタグラム(@airi_happy)より
  • あいりさんのインスタグラム(@airi_happy)より
    あいりさんのインスタグラム(@airi_happy)より
  • あいりさんのインスタグラム(@airi_happy)より
  • あいりさんのインスタグラム(@airi_happy)より

「ずっと奇跡の連続」

   白いシャツを着たあいりさんは、笑顔で「私事なんですけれども、先日、無事出産いたしました!」と出産を報告。出産までの間に投稿していたショート動画やインスタグラムに多くの励ましのメッセージが届いていたことに、「本当にたくさんの応援や、温かいお言葉をいただきまして、ありがとうございました」とリスナーに感謝を述べた。

   あいりさんは、妊娠発表時は44歳、出産は45歳と高齢出産となり、過去には誹謗中傷とも取れるコメントが寄せられたことを涙ながらに明かしていた。長年不妊治療を続ける様子を動画にアップ。妊娠後も出産までに入院するなど、多くの不安があったとし、今回の動画では瞳を潤ませた。

「ここまで本当に奇跡で。生まれた後も奇跡で、もうずっと奇跡の連続なんですけども、今本当にお腹の中にいた子を、この腕に抱くことができて本当に幸せです」

   分娩時間は33時間22分。あいりさん自身も「長いなぁ」と感じたとした。一般的に無痛分娩と呼ばれる「硬膜外分娩」を選択。自然に陣痛を待ってから麻酔を入れる方式を選んでいたものの、あいりさんは陣痛が来るより前に破水したため、計画分娩に近い形でのお産になったという。

   陣痛に対し子宮口が開かず、なかなか分娩室に入れなかったが、19時頃にやっと分娩室に入り、麻酔を投与してもらったという。事前の説明では背中からのカテーテル注射や麻酔の投与に不安を感じていたものの、実際には痛みもほとんどなく2~3時間ほど眠ることができたとした。

   その後は麻酔の投与と陣痛を繰り返し、一時は帝王切開も検討したという。

「そこからがとにかく長かったですね。その日の夜中がとにかく長かった! 結構苦しみました」

   お腹の赤ちゃんは最後の検診では推定3000グラムほどの大きさだと言われていたものの、助産師からは「とても3000グラムには思えない」と言われるほどで、なかなか出産が進まず。いきむ度にお腹を押してもらうなどを繰り返し、吸引分娩で出産し、生まれた赤ちゃんの体重は3500グラムだったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中