2022年 1月 28日 (金)

解散、休眠、過去には大量リストラも... AKB48「海外姉妹グループ」の現在地

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ベトナムのホーチミンを拠点に活動してきたAKB48の姉妹グループ、SGO48の運営会社は2021年12月5日、ファンへのお披露目イベントから丸3年になる12月22日にグループを解散すると発表した。理由のひとつとして、コロナ禍を受けた「今後の活動の制約面についての不透明感」が想定されることを挙げている。

   これまで9つ立ち上げが発表されたAKB48の海外姉妹グループのうち、明示的に解散を発表するのは今回が初めて。ただ、インドの2グループは休眠状態が続いていることに加えて、インドネシアのグループは人員の大幅削減を強いられるなど、一部では厳しい状況に直面している。

  • 解散が決まったSGO48は、2021年6月にAKB48が開いたコンサートにもオンラインで出演していた(画面左下)
    解散が決まったSGO48は、2021年6月にAKB48が開いたコンサートにもオンラインで出演していた(画面左下)
  • SGO48は2018年に発足。29人が1期生として合格した (c)YAG Entertainment
    SGO48は2018年に発足。29人が1期生として合格した (c)YAG Entertainment
  • 解散が決まったSGO48は、2021年6月にAKB48が開いたコンサートにもオンラインで出演していた(画面左下)
  • SGO48は2018年に発足。29人が1期生として合格した (c)YAG Entertainment

「今後の活動の制約面についての不透明感が想定される中...」

   グループ名「SGO48」は、ホーチミンの旧称「サイゴン」が由来。18年8月から9月にかけて1期生を募集し、ベトナム国内や米国から応募した7627人から選ばれた合格者29人が同11月に発表された。シングル曲としては「ヘビーローテーション」「恋するフォーチュンクッキー」「RIVER」の3曲のベトナム語版を発売し、AKB48 が21年6月に開いたアジア各国・地域の姉妹グループと共演するコンサート「AKB48グループアジアフェスティバル」にもオンラインで出演していた。

   だが、12月5日になって、グループのSNSで解散が発表された。理由は、コロナ禍でグループの活動が影響を受けたことを踏まえて、

「今後の活動の制約面についての不透明感が想定される中、これら諸状況に鑑み、関係者において協議・検討を重ねた結果」

だと説明。メンバーの今後については「現状では決定しておりません」とした。

   米ジョンズ・ホプキンス大の集計では、ベトナムの12月6日時点での累計感染者数は130万9092人、死者は2万6260人。感染者の半数、死者の4分の3程度をホーチミンが占めている。ホーチミンでは7月上旬から9月終わりにかけて厳しいロックダウン(都市封鎖)が行われ、外出は緊急時や食料品・医薬品の調達など、必要最小限に限られた。こういった状況がグループの活動を困難にしたとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中