2022年 5月 24日 (火)

農家の「顔つき大根」が大反響 売れ残り減らすための「苦肉の策」...切実投稿に17万いいね

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   野菜農家が旬の食材である「大根」の売れ残りを軽減するため、パッケージにある工夫を施した。この企業努力がネット上で「かわいくて買いたくなる」などと反響を呼んでいる。

  • 「しゅん・あぐり」で行っている体験農業(同社提供)
    「しゅん・あぐり」で行っている体験農業(同社提供)
  • 農産物の生産販売を行う「しゅん・あぐり」公式ツイッター(@syunagri_m)より
    農産物の生産販売を行う「しゅん・あぐり」公式ツイッター(@syunagri_m)より
  • 「しゅん・あぐり」で行っている体験農業(同社提供)
  • 農産物の生産販売を行う「しゅん・あぐり」公式ツイッター(@syunagri_m)より

「かわいくて買いたくなりますね」

   注目を集めているのは、農産物の生産販売などを行う「しゅん・あぐり」(埼玉県八潮市)による2021年12月4日のツイートだ。卓上に並ぶ小包装された大根の写真を投稿している。

   写真をよく見ると、ひとつひとつ透明なパッケージに笑みを浮かべた口や目などが描かれており、まるで大根のキャラクターらが身を寄せているかのように映っている。また投稿文では、

「遊んでないです...一本でも多く売れてほしくて(涙) #企業努力」

と、切実な思いを伝えた。投稿は3万1000件以上のリツイートや17万3000件超の「いいね」を集めるなど反響を呼び、ツイッターでは、

「ナイス!アイデア!」
「可愛いですね。大根に表情がある」
「かわいくて買いたくなりますね」

などと同社の取り組みを評価する声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中