2022年 1月 19日 (水)

マイナビ「大東亜以下」メールで謝罪 「誤タイトル」で1万6000人に送信...「学歴フィルター」否定

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   就職活動中の学生に「<第1>大東亜以下⑨」などと書かれたメールが届いていた問題で、マイナビ(東京都千代田区)が首都圏在住の就活生1万6179人に同メールを配信していたことが分かった。同社が2021年12月7日、J-CASTニュースの取材に答えた。

   メールをめぐっては、就活生の間で学歴差別ではないかと疑問の声が広がっていた。

  • 就活サービス「マイナビ2023」
    就活サービス「マイナビ2023」
  • 就活生がマイナビ新卒紹介事務局から受信したというメール
    就活生がマイナビ新卒紹介事務局から受信したというメール
  • 就活サービス「マイナビ2023」
  • 就活生がマイナビ新卒紹介事務局から受信したというメール

「不要な誤解を与える様なメールをお送りして大変申し訳ございません」

   マイナビが就活中の学生へ配信するメールに「学歴フィルター」を設けているのではないかと、就活生の間で疑問の声が広がっていた。発端は6日、マイナビ新卒紹介事務局から受信したというメールのタイトルが「<第1>大東亜以下⑨」だったと、就活中とみられる複数のツイッターユーザーが拡散したことだ。

   内容は企業へのインターンシップを紹介するものだったが、「<第1>大東亜以下⑨」というタイトルの意味をめぐり、疑問の声が広がった。ツイッター上では私立大学群の「大東亜帝国」(大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学)を指すものと受け止める声が広がり、「⑨」については「バカ」という意味を持つ隠語として受けとる声もあがっていた。

   取材に応じたマイナビ広報部は、誤ったタイトルのメールを送信してしまったと説明する。学歴差別などを行う意図はないとして、「この度は不要な誤解を与える様なメールをお送りして大変申し訳ございません」と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中