2022年 1月 23日 (日)

「なんでクビになったか分からない」投手も トライアウトで識者注目「4選手」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球の横浜ベイスターズなどで活躍した野球解説者の高木豊氏(63)が2021年12月8日に公開したユーチューブ動画で、12球団合同トライアウトで注目した選手について言及した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

荒西は「タイミングを取りずらそうだし使える変則」

   トライアウトは8日にメットライフドームで行われ、33選手(投手22人、野手11人)が参加。日ハムの「ビッグボス」新庄剛志監督(49)が視察に訪れるなど注目を集めた。

   高木氏は、荒西祐大投手(元オリックス=29)、永野将司投手(元ロッテ=28)、山下航汰外野手(元巨人=21)、松尾大河内野手(元DeNA=23)の4選手をピックアップし、それぞれの実力を分析しながら独自に評価した。

   トライアウトで3者連続三振を奪い猛アピールした荒西については「ボールも良く動いている。阪神の青柳(晃洋)ほどボールに力はないが良く動く。バッターがタイミングを取りずらそうだし使える変則」と高く評価した。

   さらに「オーソドックスなピッチャーは各球団みんないる。でも右の変則はなかなかいない。だから使える。使ったら面白い。日ハム、DeNA、阪神、ヤクルトあたりに入ると活躍の場があるかなという感じがする」とマッチしそうな球団を挙げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中