2022年 1月 26日 (水)

年間チケットなのに「移動して」 新潟アルビBB客に何が?スポンサー社長と「ダブルブッキングのミス」運営会社説明

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロバスケットボール・Bリーグのクラブ「新潟アルビレックスBB」のシーズンチケットについて、座席がダブルブッキングされるミスがあったとして、調整をめぐってトラブルになった。

   結果として、クラブのスポンサー社長が座席を確保する可能性が出てきたが、クラブ運営会社の新潟プロバスケットボールは、「スポンサーを優先したことは全然ない」と説明している。

  • 新潟アルビレックスBBの公式サイト
    新潟アルビレックスBBの公式サイト
  • 新潟アルビレックスBBの公式サイト

事務的なミスでダブルブッキング

   新潟プロバスケットボールが2021年12月10日にJ-CASTニュースの取材に答えたところでは、新潟アルビレックスBBの試合では、コロナ禍の中で、今シーズンは、座席数を50%に制限した。

   11月25日になって、座席数を100%にできる見通しが出てきたため、チケット購入者に便りを出した。それは、「もし21年中に100%になったら、希望の座席はありますか?」と尋ねる内容だった。

   ところが、1階の指定席SBにある一番上段の1席が、事務的なミスでダブルブッキングされてしまった。そして、重複した2人の客のうち1人は、クラブのスポンサー社長だったという。

   もう1人の後援会会員の家族は12月7日、昼ごろに新潟プロバスケットボールの事務局から連絡があり、「スポンサーが座りたいとのことなので他の席に移動してください」といった内容を告げられたとツイッターで不満を訴えた。この会員は、今シーズンに座っていた前列のSB席のままでもいいと事務局から言われたというが、スポンサーから離れたいため2階席に移動することにしたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中