2022年 5月 18日 (水)

中日・立浪監督、セ・リーグDH制は「1回試しにやってみてもいい」 ファン心理考え支持

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球中日の立浪和義監督(52)が2021年12月12日に公開された中日ドラゴンズ公式ユーチューブ動画に出演し、セ・リーグのDH制導入について見解を述べた。

   動画はファンから寄せられた様々な質問に対して立浪監督が答えていく形で進められ、来季の開幕投手、打者のパフォーマンスなどの話題に及んだ。

  • 中日・立浪監督(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    中日・立浪監督(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 中日・立浪監督(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「1回試しにやってみてもいい」

   立浪監督は「セントラルリーグのDH制の導入何ですが賛成または反対のどちらですか?」との質問に対して、「近い将来あってもいいのかなと思います。1回試しにやってみてもいいと思いますし。そこでまた戻してもいいと思いますし」との見解を示し、ファン目線でDH制の「弊害」を指摘した。

「ピッチャーが打席に入らないと試合がガラッと変わると思いますけども。ピッチャーが打つ気もないのに(打席に)立っている姿を見ると、ファンの方のことを考えるとDHの方がいいかなと思う」

   一方でDH制を導入していないセ・リーグならではの野球の醍醐味についても言及。「DHだとピッチャー交代で代打送るタイミング。一番その終盤の競ったところですよね。そこの面白さがなくなるのかなと思います」と説明しつつ、「個人的にはあってもいいのかなと思います」と締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中