2022年 5月 16日 (月)

「高校卒業ながら完成形」「じっくり育てるんだろう」 片岡篤史氏が期待寄せる2人のセ新人投手

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2021年のプロ野球新人王争いはセ・パともに稀に見るハイレベルな争いとなった。セ・リーグは広島・栗林良吏、パ・リーグはオリックス・宮城大弥が受賞したが、遜色ない成績を残した阪神佐藤輝明・中野拓夢・伊藤将司、DeNA牧秀悟、ヤクルト奥川恭伸、日本ハム伊藤大海の6人に新人特別賞が贈られた。

   新人王決定の21年12月16日、中日2軍監督の片岡篤史氏がYouTubeチャンネル上で投稿した動画で、早くも来季2022年シーズンの新人王候補を挙げている。

  • 2022年の新人王争いについて持論を語る片岡氏(YouTubeより)
    2022年の新人王争いについて持論を語る片岡氏(YouTubeより)
  • 2022年の新人王争いについて持論を語る片岡氏(YouTubeより)

パ・リーグ最有力はあの即戦力左腕

   今季の新人王争いを「大混戦やったやん」「こんなに会長特別賞出る年ないよ」と評しつつ、片岡氏が来季新人王候補にまず挙げたのは、西武ドラフト1位指名の左腕・隅田知一郎(西日本工業大)。「パ・リーグは隅田君が有力になってくるのかな」「左というのも大きいと思うし」と考える片岡氏、4年連続でリーグワーストの防御率に悩む西武が4球団競合から引き当てた同投手に期待を寄せた。

   他に片岡氏は、「ルーキーだけが新人王獲れるっていうんではなくて、高校から入った選手が2年目、3年目にブレイクしていくってタイプもいますんで」と、入団まもない高卒選手を候補に挙げた。「いいものを持っている」とオリックス山下舜平大(福岡大付属大濠)、中日高橋宏斗(中京大中京)と20年ドラフト1位指名投手2人を挙げる。

   野手では中日の21年ドラフト1位のブライト健太(上武大)を「持っている能力は非常に高いと聞いている」と挙げ、来季の活躍候補に選んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中