2022年 1月 26日 (水)

夫の作り置き料理「食べたくない」 妻の本音に共感続出「義務感になってツラい」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ツイートまとめサービスTogetter(トゥギャッター)を運営しているスタッフがTwitterで注目された話題を厳選し、考察するコラムの第30回です。今回は「作り置きなど、自炊にまつわる話題はなぜバズるのか」を掘り下げます。

Togetter社が解説する「3分くらいで分かる週刊Twitterトレンド」<出張版>

   先日、匿名日記サービス「はてな匿名ダイアリー」に投稿された「作り置きを食べたくない」という話がTwitterで大きく拡散。共働きの妻だという投稿者の、夫が気を利かせて用意してくれている作り置きの食事に対する考えが赤裸々に綴られており、共感の気持ちや改善策の提案などがたくさんツイートされました。

<「作り置き食べたくない」とひそかに思っていた人たちの意見と改善アイデア - Togetter>

  • 便利で節約にもなる作り置きだけど…(画像はイメージ)
    便利で節約にもなる作り置きだけど…(画像はイメージ)
  • 便利で節約にもなる作り置きだけど…(画像はイメージ)

「実は作り置きが好きじゃない」と思っていた人たち

   節約・時短につながるとして人気の作り置き。ですが、実際に試してみたところ作り置きのスタイルは「自分には合わない」と感じる人たちは意外に多いようです。

   今年の10月には「忙しいときのために作り置きを大量にストックしたものの、食べたい気分じゃないもので冷蔵庫がパンパンになっただけだった」というマンガが話題に。同じ経験をしたことのあるユーザーに刺さったようです。

<料理をする人のジレンマ『作ってるうちに満足しちゃう』『作り置きがなんか違う』そしてたどり着いた折衷案 - Togetter>

   作り置きが苦手な人の共通点として、「その日の気分にあった食事を楽しみたい」「消費しなければならないという義務感がツラい」「日ごとに味が落ちてしまう点が嫌」などが挙げられます。

   作り置きは毎日の料理の負担が減る一方で、食事を日々の楽しみと考えている人にとっては気分が落ち込んでしまう要因にもなってしまうんですね。こういった問題への解決策としては「メインではなく副菜を作り置きする」「味付けをしないで下処理だけしておく」といった方法が挙げられていました。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中