2022年 5月 18日 (水)

M-1最終決戦前に「1組はダメだろうな」 上沼恵美子の爆弾発言に批判相次ぐ「あまりにも失礼」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2021年12月19日に開催・放送された「M-1グランプリ2021」(ABCテレビ・テレビ朝日系)で、審査員をつとめた上沼恵美子さんの発言が議論を呼んでいる。

  • YouTubeチャンネル「上沼恵美子ちゃんねる」の動画より
    YouTubeチャンネル「上沼恵美子ちゃんねる」の動画より
  • YouTubeチャンネル「上沼恵美子ちゃんねる」の動画より

「1組はダメだろうな、っていうのは分かっています」

   決勝進出10組のうち、「オズワルド」「錦鯉」「インディアンス」の3組が最終決戦に選ばれた。それぞれのコンビが準備をする中、司会の今田耕司さんが最終決戦に向け審査員に話を聞いた。

   「さあ上沼さん、この1組を選ぶというのが一番大変なんですよね」との質問に、上沼さんは

「でも私、大好きです。もう本当に、この決勝が大好きで大好きで。今日もやらせていただいているんです」

と審査員としての意気込みを語った。

   今田さんが「3組とも大好き?」と尋ねると、

「あのー、1組はダメだろうな、っていうのは分かっています」

と右手を胸に当て、うつむきつつ答えた。

   今田さんは「えーと、ちょっと話が違うんですけども......1組が誰か、はまだわかりません。まだネタはやってないわけですから」と冗談めかして返答し、会場からは笑いが漏れた。

「好き嫌いでもう決めてんじゃん。先入観ダメだよー」

   上沼さんの発言をめぐっては、真剣勝負に挑む芸人に対し失礼だとする批判の声が相次いだ。審査員である以上、個人的な好みではなくあくまでもフラットな気持ちで審査するべきだとする声も多い。

「上沼恵美子、爆弾発言すな。『もう1組は、ダメですけどね』」
「上沼恵美子には怒ってる。これから3組がファイナルのネタをするって時に『1組は優勝無い』とか絶対に言ったらあかん。みんな真剣にやってる中でなんでネタを見る前に決めつけられなあかんねんって話よ。あまりにも失礼」
「上沼恵美子さんさー、決戦やる前に『1組はないなー』って言ってたけど、あれダメでしょ。好き嫌いでもう決めてんじゃん。先入観ダメだよー」
「まだネタも始まってないつまり審査も始まってないのに『1組はないですけどね』って言っちゃう上沼恵美子だめじゃない?えみちゃん好きだけど」

   一方、「上沼さんと今田のやりとりで、1組は無いですけど...って多分あれ噛み合ってなかったよな。ランジャタイのことを上沼さんいじってた風に見えた」などといった、決勝ファーストラウンドの「ランジャタイ」の漫才をイジったコメントだったのではとする声も一部ある。同コンビは決勝10組で得点が最も低く、上沼さんが番組中「ランジャタイのときは気絶してたんですよ」と発言する場面もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中