2022年 1月 22日 (土)

アーティスト名「ボーカロイド」 日テレ番組に疑問も「人間の曲を『人間』で紹介するようなもの」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年12月23日放送の「歌唱王~歌唱力日本一決定戦~」(日本テレビ系)のアーティスト表記をめぐり、SNS上で疑問の声があがっている。

   同番組では、カンザキイオリさんが作詞作曲したボーカロイド楽曲「命に嫌われている。」のアーティスト名を、ボーカロイドと記していた。

  • 「歌唱王~歌唱力日本一決定戦~」日本テレビ公式ツイッターより
    「歌唱王~歌唱力日本一決定戦~」日本テレビ公式ツイッターより
  • 「歌唱王~歌唱力日本一決定戦~」日本テレビ公式ツイッターより

「カンザキイオリさんの名前も初音ミクの名前も出さないのなんで?」

   歌唱王は、全国の予選を勝ち抜いた一般人が自慢の歌声を披露するカラオケ番組だ。テロップでは、曲名とアーティスト名が紹介される。たとえば「踊/Ado」、「Beautiful/Superfly」、「僕が死のうと思ったのは/中島美嘉」といったものだ。

   ボーカロイド楽曲「命に嫌われている。」をめぐっては、アーティスト名が「ボーカロイド」と記されたことについて、SNS上で疑問の声があがった。

「ボーカロイドにも名前があるのに、ボーカロイドって表記にされるの本当に納得いかない 人間の曲を全部『人間』で紹介してるもんじゃん」
「歌唱王決定戦で『ボーカロイド』とだけ明記してカンザキイオリさんの名前も初音ミクの名前も出さないのなんで?」

   ボーカロイドとは、ヤマハ(静岡県浜松市)が開発した音声合成技術とその応用製品の総称であり、略称の「ボカロ」とともにヤマハの登録商標となっている。歌声については、ヤマハからラインセンスを受けた各社から、実際の歌手の歌唱から音源として抽出したソフトが開発されている。これらのソフトは「初音ミク」など架空のキャラクターの声として販売されている。

   こうした背景から、ボーカロイドのファンの間ではキャラクターを歌手とみなすことが多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中