2022年 5月 18日 (水)

宮迫博之、焼肉店の元協力者に謝罪「名前にすごく傷をつけてしまった」 試食会騒動で批判浴び...

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   元雨上がり決死隊の宮迫博之さんが2021年12月23日、YouTubeで公開した動画で、焼肉店「牛宮城」のメニュー監修などを手掛けていた元協力者の森田隼人氏に謝罪した。

  • 宮迫博之さん
    宮迫博之さん
  • 宮迫博之さん

「森田さんの名前にすごく傷をつけてしまった」

   宮迫さんが経営する「牛宮城」をめぐっては、YouTube企画での試食会をきっかけに提供する牛肉の品質の問題などが発覚し、開業が無期限延期に。共同経営者だったYouTuberのヒカルさんは事業から撤退した。

   残る宮迫さんは焼肉店「大将軍」を経営するガネーシャCEOの本田大輝さんを協力者として迎え、2022年3月のオープンに向け準備をしている。

   23日の動画では、宮迫さんが森田氏に「森田さんの名前にすごく傷をつけてしまった」と謝罪した。

   試食会では「牛宮城」で提供するオリジナルブランド牛「ヒカサコ牛」の質が悪いとされたことから、森田氏が「クロッサムモリタ」で扱っているブランド牛「もりたなか牛」も質が悪いのではないかとするコメントが多く上がったという。

   宮迫さんは、

「うちのチームの肉の扱いの完全なるミステイクでしたので、そこは本当に誤解しないでください」

と、森田氏に非はなく、宮迫さんサイドが行なっていた肉の管理に問題があったことを強調した。

   森田氏は、「やっぱ生産者さんとつながってやっていることなので、できれば、そこは理解していただけると嬉しいなって思ってます」と自身だけでなく肉の生産者にも配慮してもらいたいとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中