2022年 1月 23日 (日)

「特撮は農林水産省まで動かした!」 「クリスマスシャケ」今年も公認にTwitter沸騰...一体何が?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   クリスマスイブを迎えた2021年12月24日、農林水産省はツイッターで「サーモンでクリス鱒(マス)」を合言葉に、サーモンやマス料理を紹介した。同省は昨年のクリスマスにも同様のツイートをしている。

    ツイッター上では、「特撮は農林水産省まで動かした!」と驚きの声が広がっている。

  • 「サーモンでクリス鱒(マス)」なぜ?
    「サーモンでクリス鱒(マス)」なぜ?
  • サーモン料理を勧める農林水産省
    サーモン料理を勧める農林水産省
  • サーモン料理を勧める農林水産省
    サーモン料理を勧める農林水産省
  • 「サーモンでクリス鱒(マス)」なぜ?
  • サーモン料理を勧める農林水産省
  • サーモン料理を勧める農林水産省

「クリスマスにぴったりの料理と言えば...」

   農水省は24日朝、「メリークリスマス!クリスマス御飯は色合いピッタリなサーモンに決定!」と、サーモン料理をお勧めした。紹介した画像には、サーモンやイクラをのせた海鮮丼や、サーモンの色でサンタクロースを表現した料理などが写されている。

   サーモンを活用したレシピも紹介している。

「クリスマスにぴったりの料理と言えば...そう!鮭のチャンチャン焼きですね! 鮭と人参の赤、ピーマンの緑、そして玉葱の白 これはもう、紛うことなきクリス鱒カラー!」

   これらの投稿には「クリスマスにはシャケを食え」というハッシュタグが添えられている。

   農林水産省は20年12月25日も「サーモンでクリス鱒」と投稿していた。なぜクリスマスに定番のチキンやケーキではなく、サーモンを推し続けるのか。SNSでは特撮の影響ではないかという声が広がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中