2022年 5月 24日 (火)

「青天を衝け」感動ラストに視聴者号泣 若かりし渋沢栄一を呼ぶ「声」は...「涙腺崩壊した」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   俳優の吉沢亮さんが渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」最終話が2021年12月26日に放送され、感動のラストに視聴者からは感動の声があがっている。

  • 吉沢亮さん
    吉沢亮さん
  • 「青天を衝け」ラストシーンのオフショット。ドラマ公式ツイッター(@nhk_seiten)より
    「青天を衝け」ラストシーンのオフショット。ドラマ公式ツイッター(@nhk_seiten)より
  • 吉沢亮さん
  • 「青天を衝け」ラストシーンのオフショット。ドラマ公式ツイッター(@nhk_seiten)より

老年も第一線で活躍する栄一

   大河ドラマ60作目。主人公は「近代日本経済の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一(吉沢さん)で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」などで知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治、大正、昭和と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   最終話「青春はつづく」は15分拡大スペシャル。栄一は82歳になっても、ワシントンの軍縮会議に合わせて渡米し、移民問題など悪化した日米関係の改善に尽力する。1923年に発生した関東大震災では、私財を投げうって救援の最前線に立ち、中国の水害被害の際には「困っている人がいれば助け合いましょう。人は人を思いやる心を」「助け合うんだ。仲良くすんべぇ。そうでないと、とっさまやかっさまに怒られる。みんなで手を取り合いましょう。みんなが嬉しいのが一番なんだで」と亡き母・渋沢ゑい(和久井映見さん)からの教えを用いて、国民に支援を呼びかけるなど精力的に活動する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中