2022年 1月 26日 (水)

中国選手に頭から叩きつけられた日本人ボクサー「反則行為は許しがたい」 危険技連発に怒り

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロボクシングの元WBO世界フライ級王者・木村翔(33)が2021年12月28日、所属する花形ジムの公式サイトで、今月18日に中国・武漢で行われたエキシビションマッチの経緯を説明した。

  • 木村翔選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    木村翔選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 木村翔選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

直前になって「中国カンフー対ボクシング」に変更

   木村は18日のエキシビションマッチで、中国の格闘家である玄武と対戦。試合は1ラウンドから玄武がボクシングルールにない危険な技を連発し、2ラウンド開始早々に木村を抱きかかえて頭からリングにたたきつけ終了した。

   エキシビションマッチの動画が中国国内のSNSで拡散されると、複数の中国メディアが玄武の危険な行為を批判的に取り上げ、ボクシングファンの間で物議をかもした。日本国内でも現役世界王者や世界3階級制覇王者らが危険性を訴えるなど大きな波紋を広げた。

   また、現地メディアは当初ボクシング形式で行われる予定だったが、直前になって「中国カンフー対ボクシング」に変更されたと伝え、木村陣営が変更の事実を理解していたかは不明とし、ルールについても明確ではなかったと報じた。

   木村は所属ジムの公式サイトを通じて「この度は 2021 年 12 月 18 日に開催されました中国でのスパーリングマッチ(国際ボクシングルール)において起きました一連の出来事に関しまして、ファンの方々、ボクシング関係者の方々にご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます」と謝罪し、エキシビションマッチを受けた経緯や当日のルールなどについて説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中