2022年 1月 23日 (日)

クリスマス和菓子が受け取り拒否、ボロボロで戻り自ら廃棄 悲痛の職人を「一通の手紙」が救った

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   栃木県の人気和菓子店が販売した「クリスマス和菓子」が、代引き決済で注文した注文者から受け取りを拒否された。

   店に返送された和菓子はボロボロ。電話をかけても、メールを打っても、注文者からの返事はなかった。「自らの手で廃棄するのがどうしようもなく辛い」。落胆する店主の心を救ったのは、別の購入客から届いた一通の手紙だった。

  • 受け取り拒否された「クリスマス和菓子」 店主が語る胸中(「御菓子司 紅谷三宅」店主・三宅正晃さん提供)
    受け取り拒否された「クリスマス和菓子」 店主が語る胸中(「御菓子司 紅谷三宅」店主・三宅正晃さん提供)
  • 受け取り拒否された「クリスマス和菓子」 店主が語る胸中(「御菓子司 紅谷三宅」店主・三宅正晃さん提供)

「作り上げたお菓子が何の役にも立てないまま...」

   栃木県真岡市にある和菓子店「御菓子司 紅谷三宅」。店の売りは「次世代和菓子」と名付けた、個性的でかわいらしい見た目の和菓子だ。店主の三宅正晃さんが作る動物やキャラクターの和菓子は、SNS上でもたびたび話題になる。

   今冬はサンタやトナカイ、クリスマスツリーなどをモチーフにした「クリスマス和菓子」を、通販サイトで受注販売した。木型を使用せずに手作業だけで仕上げる「練り切り」という生菓子で、他の和菓子よりも作るのに手間がかかる。

   普段の商品にはつけない、メッセージカードもつけた。「たとえひとりの方でも、クリスマスを楽しんでいただけたらと思い、店の若女将が書きました」。店主の三宅さんは2021年12月27日、J-CASTニュースの取材に話す。

クリスマスカードにメッセージを書き込む若女将(「御菓子司 紅谷三宅」店主・三宅正晃さん提供)
クリスマスカードにメッセージを書き込む若女将(「御菓子司 紅谷三宅」店主・三宅正晃さん提供)

   11月下旬に販売を開始すると、注文が殺到。商品を購入できない人もいた。12月になり、全国の注文者へ向けて発送された。だが、クリスマスイブ前日の12月23日、商品の一つがそのまま店に戻ってきた。代引き決済で注文を受けたが、注文者から受け取りを拒否されていた。

   若女将が書いたメッセージカードは、包装紙とリボンの間に挟まったまま。箱を開けると、度重なる再配達で和菓子はボロボロになっていた。商品は捨てざるを得なかった。

「自分達が時間をかけて作り上げたお菓子が何の役にも立てないまま、本来必要としていたお客様にも届くことなく、自らの手で廃棄するのがどうしようもなく辛いです」

   三宅さんは24日、店のツイッターで思いを吐露した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中