2022年 1月 23日 (日)

「陛下との約束」叶えた美術館長を襲った悲劇 酔った消防士がガラス破壊、再開困難に...本人語る現状

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   泥酔した消防士らに玄関のガラスを壊され、営業が再開できない状況に追い込まれたとして、「古都奈良かんざし美術館」(奈良市)がツイッターで窮状を訴えている。

   事件の発生からもうすぐ2年が経過しようとしているが、修繕費用をめぐる調停は平行線をたどり解決に至っていない。費用の問題で内装などの修復ができないため、閉館を余儀なくされ続けている。

   2021年12月22日、館長の喜多浩子さんがJ-CASTニュースに詳細を語った。

  • 古都奈良かんざし美術館(提供:喜多さん)
    古都奈良かんざし美術館(提供:喜多さん)
  • 古都奈良かんざし美術館(提供:喜多さん)
    古都奈良かんざし美術館(提供:喜多さん)
  • 写真上、姫が身に着けていたとされる鹿角かんざし(提供:喜多さん)
    写真上、姫が身に着けていたとされる鹿角かんざし(提供:喜多さん)
  • 喜多さん所有のかんざし
    喜多さん所有のかんざし
  • 古都奈良かんざし美術館では櫛も展示されている
    古都奈良かんざし美術館では櫛も展示されている
  • 喜多さんが手掛けた相撲絵
    喜多さんが手掛けた相撲絵
  • 「入江相政日記」(朝日新聞社、提供:喜多さん)
    「入江相政日記」(朝日新聞社、提供:喜多さん)
  • 喜多さんに言及する「入江相政日記」(朝日新聞社、提供:喜多さん)
    喜多さんに言及する「入江相政日記」(朝日新聞社、提供:喜多さん)
  • 喜多さんに言及する「入江相政日記」(朝日新聞社、提供:喜多さん)
    喜多さんに言及する「入江相政日記」(朝日新聞社、提供:喜多さん)
  • 古都奈良かんざし美術館(提供:喜多さん)
  • 古都奈良かんざし美術館(提供:喜多さん)
  • 写真上、姫が身に着けていたとされる鹿角かんざし(提供:喜多さん)
  • 喜多さん所有のかんざし
  • 古都奈良かんざし美術館では櫛も展示されている
  • 喜多さんが手掛けた相撲絵
  • 「入江相政日記」(朝日新聞社、提供:喜多さん)
  • 喜多さんに言及する「入江相政日記」(朝日新聞社、提供:喜多さん)
  • 喜多さんに言及する「入江相政日記」(朝日新聞社、提供:喜多さん)

事件発生当日、何があったのか

   古都奈良かんざし美術館は19年3月に開館した。かんざし収集家の喜多さんがひとりで運営している。喜多さんが所有する2000点のうち、300点ほどを展示しているという。

   2年前に玄関ガラスを壊された影響で、現在も営業はできていない。ただ、友人の勧めもあり、21年12月15日からツイッターで事件を周知するための投稿をしている。発信は注目を集め、励ましの電話も受けたという。喜多さんは驚きを表しつつ「ありがたいです」と伝える。

   喜多さんの話によれば、事件が発生したのは20年3月23日23時ごろ。彼女は当時、美術館の2階にある自宅にいた。

「1階で『ドーン』って物音と振動がしたんです」

   不審に思って警察に連絡しながら階下へ行くと、入口に酩酊状態の男性が立っていた。わずかに開いた自動ドアから、男性が逃げないように手をつかんだ。そのまま右に目をやると、美術館の正面ガラスが大破していた。厚さ6.8ミリだった。

「そんなガラスはちょっと寄りかかっても割れるはずが無いんですけど、真ん中に穴が開いて放射状に割れてたんです」
美術館入口のガラスが損壊していた
美術館入口のガラスが損壊していた

   電話先の警察官から「(男の)手を離さないように」と言われた喜多さんは、手を掴んだまま警察の到着を待った。現場には男性がもう1人。一旦はその場を去りかけるも呼びかけに応じて戻ってきた。

   手をつなぎ留めていた男は、館内にいる喜多さんを外に出そうとして、人が通れるくらいまでに自動ドアをこじ開けた。ガラスの砕け落ちる音がしたという。

   表へ出た喜多さんが記録用に男性らを撮影すると、写真を消去するよう声を荒げて求められたという。そのうちにパトカーが到着した。通報から5分ほどの出来事だった。

   男性らは警察に反抗していたそうで、最終的に署まで同行させられる事態となった。喜多さんは、その場で簡単な事情聴取を受けるにとどまる。

   パトカーが去ったのは23時半ごろ。ガラスが割れたままの入口をそのままにするわけにもいかず、美術品を守るために喜多さんはひとり、寒さを感じながら夜を明かしたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中