2022年 1月 26日 (水)

「グダグダすぎて見ていられない」 日テレ「笑う大晦日」は期待外れ?厳しい声相次ぐ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「今年の大みそかは、笑っていいらしい」――。そんなナレーションと共に始まった2021年12月31日の生放送番組「笑って年越したい! 笑う大晦日」(日本テレビ系)に、視聴者から「グダグダぶり」を指摘する声が上がっている。

   同番組は、20年の大みそかまで放送されていた「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の「笑ってはいけないシリーズ」の後継番組として期待が集まっていた。

  • 番組公式ページから
    番組公式ページから
  • 芳根京子さんのインスタグラムから
    芳根京子さんのインスタグラムから
  • 番組公式ページから
  • 芳根京子さんのインスタグラムから

「もう始まってんの? 始まってますよ!」

   オープニングのMC紹介とドローン演出後のCMが明けると、画面はメインスタジオに切り替わった。

   すると、MCを務めるナインティナインの岡村隆史さん(51)、バナナマンの設楽統さん(48)、千鳥の大悟さん(41)が席につく姿が映し出された。「お願いしまーす!」と観客に挨拶する設楽さんだったが、

「あっ? あっ? もう始まってんの? 始まってますよ! 岡村さん!」

   と、すでにカメラが回っていることに気付いた設楽さんが呼び掛けると、岡村さんは「はっ! さあ、盛り上がってまいりました!」と、慌てて進行を始めた。

   しかも、この時、MCたちのアシスタントを務める俳優の高畑充希さん(30)はまだメインスタジオ内におらず、岡村さんは「高畑さん、ちょっと急いでください」と、舞台袖にいた高畑さんに呼び掛け。ほどなくして高畑さんが席につくと、番組は何とか本格的に稼働を始めたのだった。

   冒頭から進行が乱れてしまったことについては「笑う大晦日、ちょっとグダグダじゃない?」「これを生放送で6時間もやるの?ちょっとグダグダすぎて見ていられない」といったツイートが噴出。なお、CM明けなどに進行が乱れるといったシーンはその後も散見されたからか、「中継先との連携やライブ放送の上手く行ってないグダグダ感が伝わって安心して観てられんかったな」といった声も上がるなどした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中